最新情報一覧

補助金、融資、入管、産廃…2017年、どの業務が当たる?

  • 2017.1.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2017年、行政書士で絶対に1000万円以上稼ぎたいあなたへの問題です。
それも、できるだけ早く。そして、業務の研鑽を最小限で押さえたい人のためのものです。

行政書士として1000万円以上稼ぐことは、そこまで難しいことではありません。重要なのは、どの業務を選択し、集客していくか。つまり、最初の業務選択の時点で成否がわかれているのです。もう少し簡単に言えば、「単価が高い」業務を選ぶことです。最低でも、1件につき10万円以上。できれば、1件あたり50万円を超える業務を取り扱うことが、前提条件となります。

しかしながら、行政書士業務にも難易度の違いがあります。たとえ、単価が高い業務であっても、新人行政書士では対応不可能な難解業務もありますし、語学力やキャリアなど、単に行政書士の資格があっただけでは、対応できない業務もあるのです。つまり、結論を言うと「単価が高く、かつできるだけ難易度を押さえた業務」を取り扱うことが、行政書士として成功するためのポイントなのです。

それでは、ここであなたに問題です。この5つの業務の中で、どの業務がもっとも単価が高く、かつ難易度がそこまで高くないか、わかりますか?もちろん、報酬額が高くても、難易度が高く、何年も経験を積まなければできない業務では、意味がありません。なんともしても、2017年に1000万円以上稼ぐ。しかも、経験がなくても取り組める業務。あなたはどの業務が最適かわかりますか?

1.補助金業務
企業が受給するための、補助金の申請業務。

2.融資業務
企業、個人が融資を受けるための書類作成業務。

3.入管業務
外国人がビザ取得や帰化申請をする際の書類作成、提出代行業務。

4.産廃許可申請
企業が産廃許可を申請する場合の書類作成、提出代行業務。

5.法人設立業務
株式会社、合同会社、一般社団法人などの設立業務。

あなたは、この中で2017年もっとも稼ぎやすい業務がどの業務かわかりますか?もし、あなたが行政書士として様々な情報を獲得し、日々同業者や他士業、企業担当者と情報交換していれば、すぐにわかるでしょう。答えは実践して、あなたの目で確かめてほしい・・・というところですが、今回は上記の5つの分野の中から、問題の正解を専門分野とする行政書士に、そのすべての解説をしていただきました。

約60分の動画です。そして、15分間の質疑応答が収録されています。

この動画の中では、

・なぜ、その業務が稼げるのか
・どのようにすれば、高額報酬スキームを組めるのか
・なぜ、2017年限定なのか
・その業務の高額化のための工夫とは
・なぜ、そのスキルが不要なのか
・どのようなマーケティングで、その業務を獲得するのか

などを解説していただいています。講師もちろんはシークレットです。ぜひ、あなたの目で確かめてください。なお、シークレットの講師から、メッセージを預かっております。

「この業務は、普通の行政書士であれば、まず参入しません。できないと思っているからです。しかし、実際のところは、思い込みによってそれは起きており、誰でも参入でき、そして高額報酬も実現できるものです。あなたが少しだけ努力をすれば、1件50万円程度の仕事は、月に1件以上は決まります。間違いなく1000万円程度の柱は実現可能です。

意外だと思う人も多いかもしれませんが、これが現実です。この動画があなたの2017年の成功の要因になりましたら幸いです。」

2017年、この動画が絶対に行政書士として成功したいと考えているあなたのお役に立てましたら幸いです。

(執筆:特定行政書士 横須賀輝尚)

回答解説をご覧になりたい場合は、下記のフォームからメールアドレスを記入の上、送信ボタンをクリックしてください。なお、この動画の公開は、7日間です。また、先着50名までの登録とさせていただきますので、ご注意ください。登録者数が50名に満たなくとも、2月8日を持って請求できなくなりますので、お早めにご請求ください。



お名前  *
メールアドレス  *

【ご注意】
・動画視聴はyoutube形式になります。
・ご入力頂いた内容は弊社のプライバシーポリシーの下、細心の注意を払って保管致します。
・ご入力頂いた情報はSSL技術により暗号化され送信されるため、外部に情報が漏れる心配はございません。
・フィルタリング機能の強化により、yahoo、msn、infoseek、goo、hotmailなどのフリーメールでのご登録の場合、弊社からのメールが届かないことがあります。フリーメールでなく、固定メールでの登録をおすすめいたします。
・パワーコンテンツジャパン株式会社が提供している無料レポート及び各種資料をダウンロードされた方は、同社発行のメールマガジンに登録させていただきます。なお、メールマガジンはいつでも解除することができます。解除については配信されるメールマガジン本文をお読みください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

最新記事

  1. A.今後は絶対に顧問弁護士がいた方が良いです。
  2. もうすぐ春です。
  3. 2017年、行政書士で絶対に1000万円以上稼ぎたいあなたへの問題です。それも、できるだけ早く。
GeniusSearch
■ メルマガ購読・解除 ■