カンパニー・コンセプト・カンファレンス 〜たった1日で成功するためのコンセプトを学べるセミナー〜


お申し込みは締め切りました。
たくさんのお申し込みありがとうございました!


2003年5月。会社をリストラされた23歳の青年は、人生に絶望し途方に暮れました。しかし、それから10年。

出版した本は15冊。累計12万部。テレビ出演、雑誌取材多数。年収1000万円以上。人脈もお金も社会人経験すらなかった彼がなぜ、たった10年足らずでこれだけのことを成し遂げることができたのか?


彼を救ったのは、「資格起業家」というコンセプトでした。


旧態依然として職人的な仕事のやり方が当たり前という士業・行政書士の中で「資格をアイデンティティにしない」という独自の方法で、セミナー、コンサルティング、出版、教材開発などに着手。1年という短期間で月商100万円を突破。

その方法が認められ、「資格起業家になる!」(日本実業出版社)、「もう、資格だけでは食べていけない」(すばる舎)、「資格起業バイブル」(技術評論社)など各出版社から資格起業家に関する書籍を出版。彼の書籍の累計は12万部以上となりました。

2005年、現在の母体となる株式会社パワーコンテンツジャパンを設立。それから次々と新しいコンセプトを生み出し、ビジネスを展開。



コンセプトビジネス1

「天才塾」というプロジェクトで「資格起業家をつくる」をコンセプトにノウハウを提供。月会費15000円のロープライス・ハイクオリティコンサルティングという独自のコンサルティングシステムで、6年間で1200名以上に利用された。




コンセプトビジネス2

「経営組織アカデミー」では、人事のトップコンサルタント井上健一郎氏を講師に経営者とコンサルタントがともに悩みを共有して解決できるというコンセプトを生み出し、スタートから50名以上の勉強会参加者を実現。




コンセプトビジネス3

一般社団法人クオリティ・オブ・ライフ創造支援研究所とコラボレーション。同社はメンタルヘルスケアのパイオニア的存在で、厚生労働省や地方公共団体などとも関わりが深いのだが、メンタルヘルスケア業務の担い手がいないことがボトルネックになっていた。そこで、「認定コンサルタント制度」を構築。現在では70名以上の認定コンサルタントが全国各地で仕事を受けている。中には1件で1000万円以上の案件を受注したことも。




コンセプトビジネス4

「ゲリラ・イングリッシュ」では、ウィリアム・リード氏を講師に「覚えない」「発音無視」「文法無視」でも通じる英会話スクールを設立。半年間のプログラムで、「英語がわからなくてもコミュニケーションが成立する」という非常識な結果を出す。ある生徒は、半年前には1分も話せなかったが、半年間のプログラムを終えたのちは、10分以上ネイティブ相手にプレゼンテーションをできるまでに。




コンセプトビジネス5

米国ビジネスコンサルタントの清水ひろゆき氏とコラボレーションし、「理念経営」を学ぶ半年間のプログラムを作成。「理念経営大学」として、元スターバックスジャパンCEOの岩田松雄氏、生活の木の重永忠氏、チャットワークの山本敏行氏などを講師に短期講座を実現した。



そして、2013年7月4日。この日は株式会社パワーコンテンツジャパンを設立してから8年目を迎える日となります。そこで、翌日の7月5日(金)に、みな様への感謝を込めて、そして私たちの今後のコンセプトをお伝えするためにスペシャルセミナーを行います。ぜひこの機会にご参加いただけますと幸いです!

スペシャルセミナーの概要
カンパニー・コンセプト・カンファレンス 〜たった1日で成功するためのコンセプトを学べるセミナー〜
MAP
お申し込みはこちら


スペシャルセミナーの理由その1
超豪華な講師陣

第1部 10:40〜11:30
井上健一郎氏井上健一郎氏

慶應義塾大学 経済学部 卒業。
第2次オイルショックを背景として、日本の終身雇用、年功序列という人事制度に対する懸念が深まった時代、職能資格制度が給与制度の主流となり始め"能力主義"が謳われていた。そんな時代の中で、「ダブル定年制と資格制度」を卒業論文に選んだ。

「感性」を売るエンタテインメントビジネスに興味を持ち、CBS・ソニー(現 ソニー・ミュージックエンタテインメント)に入社。その後、レコード会社の「INからOUTまで」のバリューチェーンにあるすべての仕事を経験することになる。

その経験を通して、何十種類もの仕事人(アーティストから工場スタッフまで)と関わり、そこには何百種類、何千種類もの価値観があることに改めて驚かされた。

しかし、種類の異なる仕事人が同じプロダクツに参加するとき、それぞれ個別の価値観とは異なる、プロダクツ共通の価値観が生まれることを知る。そして、その共通の価値観を創れるかどうかがプロダクツの成否を決めることを、数多くの失敗の中で身をもって経験した。

価値観を共有したプロダクツにおいて、高いレベルの仕事人たちが、己の仕事量域の完成度を高めると、そこに感動が生まれる。そして、その感動の波が多くの人々を巻き込むように拡がっていく。 まさに、エンタテインメントビジネスの醍醐味であるが、これは、チームが成功に向かうときのセオリーでもある。

これらの経験を通じて、組織運営に強い関心を持ち、組織運営のサポートを自分のビジネスにするため、石原明が主宰する日本経営教育研究所(株)に参加。 組織化のための評価制度「LADDERS」の開発を手がけ、現在およそ80社への導入コンサルティングを実施。 評価制度を主としながら、組織運営コンサルティングを担当した。

2008年から、組織運営コンサルティングの幅を広げるために、カウンサルジャパン(株)が運営する「人材アセスメント」に参加。 人材の能力を科学的に分析することで、経営者から人の悩みを解決することが出来ることを実感。

2010年、強い組織つくりのための組織運営サポートを目指して独立。「人と組織の正しい関係」にこそ組織運営の心髄があることを、コンサルティングの柱として日々活動している。


著書


講演:小さな会社を活性化させる人事制度のつくりかた
これまでの人事制度の欠点とは?

多くの会社が「積極的で、かつ自分で考えられる社員がほしい」と長年切望しています。なぜ、長年切望しているのにもかかわらず、実現しないのでしょうか?これまでの人事制度がなぜ成功しないのか、その問題点を解説します。

なぜ、人事評価が形骸化してしまうのか?

多くの場合、評価制度をそのまま導入してしまい、会社ごとのニーズに合わせられていないのが現状です。なぜこのようなことが起きてしまうかというと、王道と言われる「目標管理制度をベースとした業務遂行状況を評価する制度」を信頼しすぎてしまっているからです。今回のセミナーでは、この制度の問題点と解決方法について学びます。

人事評価制度「LADDERS」とは?

100社近く導入し、倒産や業績悪化を除き多くの会社が継続している理由とは?人間の基盤能力を中心とした評価制度であるLADDERSの基本的理念を解説。これを聞くことによって、あなたの人事評価に関する知識が劇的に進化します。

難しい制度なく、人の力を最大にする仕組みをつくる。もし、あなたが人事について困っている、あるいはこれから組織をつくりたい、さらには人事コンサルティングに携わっているという場合には、井上さんの話は必須です。



第2部 11:40〜12:30
森田司氏森田司氏

1968年3月15日生まれ

都立商科短期大学(現首都大学東京)商学部商学科卒業、主な専攻はマーケティングと法学。

IDC大塚家具でサラリーマンデビュー、インテリア業界で飛び込み、ルート、新規開拓、入札関連の各種営業を体験、その後は求人広告、Webシステム、情報システム、貿易商社等で営業企画・新規事業企画戦略とそれに伴う人材開発で実績を上げ、2007年8月「ES向上がCS向上を促し業績を向上させる」と「共生社会づくり支援」をコンセプトに合同会社ウィナーズサークルを設立し人材開発と職場改善事業を開始、2010年6月、一般社団法人クオリティ・オブ・ライフ創造支援研究所を設立し、喫緊のテーマである職場のメンタルヘルス対策支援の本格的な展開をスタート。

メンタルヘルス対策推進支援事業に向き合ったきっかけは、実母の定年退職うつ病(燃え尽きシンドローム)罹患と実弟のうつ病罹患である。

合同会社ウィナーズサークル 代表
一般社団法人クオリティ・オブ・ライフ創造支援研究所 理事長
独立行政法人労働者健康福祉機構 労災疾病等13分野医学研究・開発、普及事業 共同研究者
東京労災病院 がん患者の両立支援研究事業 アドバイザー
一般社団法人日本みらい研 理事
一般社団法人アジア環境保全教育機構 顧問
三鷹労働基準監督署「健康職場づくりプロジェクト」共同研究者


講演:新しいマーケット、メンタルヘルスケアで成功する方法
これから伸びるマーケットは、どのように見つければいいのか?

2兆円とも3兆円とも言われるメンタルヘルスケア対策の経済効果。この分野にいち早く取り組んだ森田氏はどのような点を検討し、マーケットを見つけたのか?その着眼点を公開していただきます。

メンタルヘルスケア対策の市場性とは?現状とは?

メンタルヘルスケアの市場がいったいどのように伸びているのか。様々なデータから解説し、どの程度注目されている市場なのか改めて理解し、また具体的に不調者と呼ばれる人たちがどのような状況にあるのか、現状を把握します。

企業が抱えるメンタルヘルスのリスクとは?

企業は、メンタルヘルス対策を講じないことで、生産性の低下、賠償責任、社会的責任というようなリスクを持ってしまいます。このようなリスクを知っておくことで、企業に対して具体的なアドバイスができるようになります。

そのほか、森田氏から最新のメンタルヘルスケア事情、企業の取り組みや助成金の状況などを解説していただく予定です。社会保険労務士、人事コンサルタント、経営コンサルタント、研修講師は必聴です。



第3部 13:30〜14:20
ウィリアム・リード氏ウィリアム・リード氏

アメリカ・ミズーリ州生まれ。日本を活動のベースに置き、英語と日本語を駆使して活躍する起業家、文筆家。そして、世界で数人しか認定されていないゲリラ・マーケティング(※1)のマスタートレーナーでもある。

また、武道家、アーティストとしても非凡な顔を持ち、マルチなタレントを織り交ぜたユニークなプレゼンテーションや講演は、日本はもとより、欧米、東南アジア各国の企業や事業家から絶賛されている。

中でも、ゲリラ・マーケティングに関しては、最新のビジュアル・プランニング・ツールを採り入れたユニークな内容はもちろんのこと、その高い効果が各業界から注目されており、競争力を強化したいというニーズを持つ国内外の企業から講演やコンサルティングの依頼を多数受けている。

武道家としては、合氣道歴40年、七段の実力を誇る。書道でも師範の資格を持ち、美術館での作品の展示を行う他、合氣道と書の分野においても3冊の著書が出版されている。

日本のナンバ式インストラクター、マンダラチャート学会理事(※2)、デイリー読売などのコラムを持ち、ウェルス・ダイナミクス・ジャパン(※3)のシニア プラクテッショナーとして起業家の育成に携わる。

そのほか、「記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術」での5万部を超えるベストセラーがあり、また「お金と英語の非常識な関係」では、著者の神田昌典氏と対談を収録している。

ワールドクラス・スピーキング(※4)のコーチ。そのほかにも、発想力とマーケティングを題材とした日本語の書籍も多数出版されている。

※1 ゲリラ・マーケティング
少額の予算で効果的に商品やサービスを宣伝するための中小企業向けのマーケティング手法。チラシ配布などの既存手法の改善活用や,マスメディアの余剰広告枠の活用などこれまで宣伝・広告媒体としては考えられていなかった新種の媒体利用などを行う。アイディアをこらして質を高め、最少の予算で、標準的な手法・予算によるマーケティングと同等以上の宣伝効果・売り上げを追求する。(アメリカのマーケティング-コンサルタント,ジェイ=コンラッド=レビンソン(Jay C. Levinson)が提唱)

※2 マンダラ・チャート
「中心核を持つ3×3の9マスで構成されるマトリックス」で、問題解決・発想引出・発想整理・情報整理・情報伝達などに大きな効果を発揮し、多方面に活用されている思考法・ツール。

※3 ウェルス・ダイナミクス
ロジャー・ハミルトンのトレードマークになっているウェルスプロファイルのシステム。日本では本田健氏や望月俊孝氏などが推奨している。

※4 ワールドクラススピーキング
アメリカで開発された世界レベルのコミュニケーションスキルを身につけるプログラム。


著書


講演:どんな時代でも、どんな場所でも生き残る日本人になる方法
1.Guerrilla Marketing for Freelancers

全世界で1800万部以上のベストセラー「ゲリラマーケティング」を紹介。日本ではそれほど普及しませんでしたが、アメリカではエイブラハムなどマーケティングの大家と並ぶ程のもの。日本では10冊も販売されていませんが、アメリカでは100冊を超えるシリーズになっています。

2.Wealth Dynamics for Entrepreneurs

ウェルスダイナミクスという手法を知っていますか?ロジャー・ハミルトン(Roger Hamilton)が開発した個人の能力や適性を見るための手法です。ロジャー・ハミルトン公認のトレーナーであるウィリアム・リード氏が、この手法を活用し、あなたの才能を発掘するためのエッセンスをお伝えします。

3.World Class Speaking for Personal Branding

フリーランサーで生きていくために必要なスキルの中に「伝える力」というものがあります。あなたがどんなに素晴らしい商品やサービスを持っていたとしても、それを伝える力がないのでは意味がありません。そのためのスキルがWorld Class Speakingです。これは1999年、国際トーストマスターズ主催世界14カ国、2万5千人のPublic Speakingコンテストでワールドチャンピオンとなった「CraigValentine」が製作した、話し方のトレーニングメソッドで、クレッグの公認トレーナーであるリード氏から、「伝えること」のスキルのエッセンスをあなたに伝授します(しかもリード氏は、世界で第1号の認定トレーナーである)。

そのほか、日本人が英語を話すためのエッセンスも公開!士業、コンサルタント、フリーランサー、これから起業したい人、英語を話せるようになりたい人におすすめです。



第4部 14:30〜15:20
清水ひろゆき氏清水ひろゆき氏

ビジネスモデルコンサルタント

ニューヨーク、パリ、ロンドン、日本を拠点に日本企業へ、米国の最新ビジネスモデル、成功事例を紹介し、日本導入をコンサルティングするビジネスコンサルタント。

20年間米国専門のビジネスコーディネーターを経験し、関西の財界や流通業界トップを案内、現在はコンサルティング会社を経営し、米国オンリーワン企業の“価格競争しないビジネスモデル”を、利益を生み出す経営理念として、日本の中小企業へ導入を図り、業績アップさせる。

メールマガジンや書籍などのメディアを通じ、日本企業に発信中。


著書


講演:世界を変える理念経営のあり方
スターバックスやパタゴニアが行う理念経営とは?

理念経営は、会社で働く人々が会社の存在意義を、ミッション(会社の使命)、ヴィジョン(会社の目標)、アクション(行動規範)によって明確にすることで、現場がベクトルを一つにし、一体となり、チーム力で売上げをアップさせる経営手法です。

理念経営を実践すると売上げがアップするのは、なぜ?

会社で働く人々が、理念<会社の存在意義(なくてはならない)>に共感し、ミッション(会社の使命=会社の目的)実現へ、ヴィジョン(会社の目標)達成へ向けて、全員が常に進めば、それは顧客の支持(売上げ)となって顧客から返ってきます。

理念経営は、小さな会社でも実現できる

本講演では、会社が理念経営を実践し、売上げをアップするために不可欠な3つの要素"ここしかない""今しかない""私しかない"を会社とのコンサルティングから導き出し、それを軸にビジネスモデル(利益を生み出す仕組み)とマーケティング(売上げを生み出す仕組み)をつくり、ブランド戦略を組み立てるエッセンスをお伝えします。




基調講演 10:30〜
終幕講演 16:30〜16:40
横須賀てるひさ横須賀てるひさ

株式会社パワーコンテンツジャパン 代表取締役・行政書士

在学中に行政書士資格に合格。2003年、23歳のときに行政書士横須賀事務所を設立し独立。様々な行政書士業務を習得し、その中でも会社設立手続きのスペシャリストとなる。

2005年、有限会社パワーコンテンツジャパンを設立し代表に就任。セミナー事業、コンサルティング事業を本格的に始動。同年『小さな会社の逆転戦略 最強ブログ営業術 』を技術評論社より処女出版。2万部を超えるベストセラーになる。

2006年、『「株式会社」はじめての設立&かんたん登記 新会社法対応<改訂新版>』を技術評論社から上梓。改訂増補版合わせて2万部を超え、実務書では異例の売上を記録。同年、『資格起業家になる!成功する「超高収益ビジネスモデル」のつくり方』を日本実業出版社より出版。発売直後に増刷され、資格ビジネスの新しい形として評価される。

2007年資格者向けのビジネススクール「経営天才塾」を開校。多くの成功者を輩出する。同年、会社を株式会社に商号変更。2008年、資本金を300万円に増資。現在はコンサルタント業、講演業、執筆業を中心に小さくて強いコンサルティング会社をつくり、「資格業界を人気業界にする」夢を叶えるべく、日々奔走中。

主な著書に、上記掲載のほか『ごく普通の人でも資格を取ってきちんと稼げる本』(インデックス・コミュニケーションズ)、『ネット商売の法律知識』(中経出版)、『そのまま使えるビジネス文書文例集』(かんき出版)など10冊以上。

マスコミ掲載に『THE21』(PHP)、『BIG tomorrow』(青春出版社)、『アントレ』(リクルート)、『財部ビジネス研究所』(日本テレビ)などがある。

無類のゲーム・漫画好き。オフィスには横須賀の趣味であるゲーム機、漫画などが見受けられる。ブログの口癖は「感謝しかない!」


著書

今回、私は最初の基調講演そして最後に終幕講演という形でお話しさせていただきます。私自身が10年目に出会った「コンセプト経営」についてそのエッセンスをお話しさせていただきます。弊社の今後のビジョンについてもこの日に発表させていただきます。





スペシャルセミナーの理由その2
超破格のセミナー受講料

1日これだけの講師の話を聞くことができてこの金額。二度と同じ企画、同じ金額で開催することはないと思います。ぜひお知り合いをお誘いの上、ご参加ください。



スペシャルセミナーの理由その3
Wiiの企画開発者 玉樹真一郎氏がゲスト講師として登場!

第5部 15:30〜16:20
玉樹真一郎氏玉樹真一郎氏

1977年生まれ。東京工業大学・北陸先端科学技術大学院大学卒。プログラマーとして任天堂に就職後、プランナーに転身。全世界で9500万台を売り上げ た「Wii」の企画担当として、最も初期のコンセプトワークから、ハードウェア・ソフトウェア・ネットワークサービスの企画・開発すべてに横断的に関わり 「Wiiのエバンジェリスト(伝道師)」「Wiiのプレゼンを最も数多くした男」と呼ばれる。

2010年任天堂を退社。青森県八戸市にUターンして独立・起業。「わかる事務所」を設立。コンサルティング、ホームページやアプリケーションの開発、講演やセミナー等を行いながら、人材育成・地域活性化にも取り組んでいる。


講演:世界3億人を夢中にしたWiiをつくったコンセプトの作り方

著書:コンセプトのつくりかた世界販売台数9500万台、世界で3億人が夢中になった任天堂Wii。 メガヒット商品の、もっとも初期のコンセプトワークから携わり、 「Wiiのプレゼンを最も数多くした男」と呼ばれた著者による 「コンセプトのつくりかた」について解説したのが本書です。

コンセプトとは何か―。 それは、新しい何かを「つくる」すべての人が、最初に考えることです。

ものづくりであれば、商品を通じて。
サービスであれば、お客様に提供するものを通じて。
起業であれば、これから生み出すビジネスを通じて。
NPOや自治体であれば、支援やサポートの仕組みを通じて。
「世の中に新しい価値観をつくる」ことが まさにコンセプトをつくること、そのものなのです。

まだ世に知られてない、「新しい価値観」をどう見つけ出すか。
そして、皆がその「未知の良さ」を「わかる」ためにはどうすればいいのか。

「何かいいアイデア出して! 」と言われたけれど、思い浮かばない。 起業やNPOの立ち上げを決めたけれど、何をやればいいのか悩んでいる。
予算はあるものの、何をすれば皆に喜んでもらえるのか分からない。

そんな人たちに、ぜひおすすめしたい本です。

コンセプトさえ見つかれば、差別化もデザインも不要です。
その後、何をすべきか、どうすべきかは、コンセプトに導かれていきます。
設計、製造、販促、営業など、 関わる人たちがそれぞれ「自分たちは何をすべきか」について理解し、 一貫してブレない商品やサービスができ上がります。

世の中に良いものを、1人でも多くの人に届けたい。
そう思うすべての人にお届けします!
(書籍「コンセプトのつくりかた」商品紹介より抜粋)

世界で3億人以上が夢中になったWiiの企画開発をされた玉樹真一郎さん。今回は、実際のWiiがどのように作れたのか、そして世界を変えたコンセプトをどのように生み出したのか、そのご本人からお話しいただきます。経営者、起業家、士業、すべての人に強くお勧めしたい内容です。



スペシャルセミナーの理由その4
セミナー参加者全員にプレゼント!


セミナー対象者

・経営者、コンサルタント、起業家、士業、フリーランス、独立を目指す人

【井上健一郎氏のセミナー】

・組織運営に関わる人、組織をどのように構築していいかわからない人
・人事コンサルタントで成功したい人

【森田司氏のセミナー】

・新規マーケットを発掘してパイオニアになりたい人
・メンタルヘルス不調が出て困っている経営者、現場担当者
・メンタルヘルスケアの分野で成功したい社労士、コンサルタント

【ウィリアム・リード氏のセミナー】

・フリーランスで成功したい人、独立起業を目指している人
・今後、どのようなスキルを身につければいいかわからない人
・英語・語学ができることの魅力がいまいち分からない人

【清水ひろゆき氏のセミナー】

・自分の会社・事務所の理念をつくりたいが作れない人
・スターバックスなど理念が浸透している会社の秘密が知りたい人

【玉樹真一郎氏のセミナー】

・Wii開発の秘話に興味がある人
・どのようにしてWiiが3億人のを夢中にさせたのか、そのプロセスが知りたい人

【横須賀てるひさの講演】

・横須賀が提唱する「コンセプト経営」が何なのか知りたい人
・パワーコンテンツジャパンの今後が知りたい人




スペシャルセミナーの概要
カンパニー・コンセプト・カンファレンス 〜たった1日で成功するためのコンセプトを学べるセミナー〜
MAP
お申し込みは締め切りました。
たくさんのお申し込みありがとうございました!


横須賀てるひさからのメッセージ

このスペシャルセミナーは、私たちから創業10年の感謝を込めてお送りするセミナーになります。これだけの講師陣から1日でエッセンス、コンセプトを学べる日はないと思います。ぜひ、お誘い合わせの上ご参加いただけますと幸いです。

また、この日はこれから私たちがどのような経営をしていくのか、そういった今後の展望などもお話しさせていただきたいと考えております。横須賀てるひさが今後目指す「コンセプト経営」とはいったい何なのか?ご期待ください。


主催会社概要

会社名 株式会社パワーコンテンツジャパン
代表取締役 横須賀てるひさ
本社 〒160-0004 東京都新宿区四谷1-18 オオノヤビル5F
電話 03-6380-0160
FAX 03-6380-0161
事業概要 士業向けの経営コンサルティングスクール「天才塾」運営。
5年間で全国1100名以上の士業が受講。究和エンタープライズコンコード(日本経営教育研究所株式会社・代表取締役石原明から子会社化)との連携により「メンタルヘルスケアコンサルタント養成講座」、「人事評価制度LADDERSで始める人事トップコンサルタント養成講座」など各種の人材育成事業を行う。
代表取締役の横須賀てるひさには「もう、資格だけでは食べていけない」、「ごく普通の人でも資格を取ってきちんと稼げる本」など10冊以上累計12万部の著作もある。
お申し込みはこちら

特定商取引法に基づく表記page TOP

Copyright YokosukaTeruhisa & power contents japan inc. All Rights Reserved.