2016年、一瞬で満席になった講座が、高難度版として帰ってきました。

“高難度”雇用対策コンサルティング完全マスター講座開催のお知らせ

今、企業が求めているコンサルティングは、採用でも人事評価でもなく、
離職の防止だということを、あなたは知っていましたか?

 

横須賀輝尚です。1年ぶりにクオリティ・オブ・ライフ創造支援研究所との企画になります。今、このコンサルティングは、契約が取れすぎているので、くれぐれも契約の取り過ぎにはご注意ください

クオリティ・オブ・ライフ創造支援研究所(通称「QOL」)とは、これまで様々な講座を実施してきました。メンタルヘルスケアコンサルタント養成講座、メンタルヘルスケアマネジメント講座、そして、昨年開催したメンタルヘルスケアエキスパート養成講座。30万円を超える講座なのにもかかわらず、50名以上が受講した講座もあります。

QOL理事長、森田司氏はメンタルヘルスケアの専門家ならびに高難度労務管理のプロフェッショナル。そして、対法人にも抜群の営業力を持つ一流のコンサルタント。たった1回の営業で1000万円以上の仕事を取る、頭脳と行動力を併せ持ったとんでもない人物です。

その森田氏が断言し、成功できるという労務管理のコンサルティングがあります。今や、QOLはこの仕事だけで契約が止まらないそうです。それが、冒頭の「離職防止」についてのコンサルティング。現在、企業は採用や人事評価などよりも、はるかにこの「離職防止」を求めているのです。

「採用コンサルティング」をしても、
応募がない時代

人材不足というのは、どこでも聞く話でしょう。現在、日本では少子高齢化の影響が如実に表れてきています。特に中小企業での人材不足は厳しい状況で、ハローワークに求人を出しても、東京ですら応募が少ないといった様子。応募があれば、ある程度は妥協して採用してしまわないと、人が足りない。そんな状況なのです。ですから、採用を設計するコンサルティングは、そのニーズが極端に減少しています。

一方で、会社を辞める人も増えています。昨今のブラック企業騒動で、インターネットから情報を仕入れ、少しでも「ホワイト」な企業に行こうとする。すぐにパワハラだセクハラだのハラスメント騒ぎを起こし、労基署を味方に付けて退職していく。

つまり、現在の企業は採用ができず、そして辞めていく人を止められない状況にあるのです。

では、コンサルタントとしては、採用の手助けをするのがいいか。
それとも、離職を防止するためのサポートをすべきか。

答えは言うまでもなく、「離職防止」です。

なぜ「言うまでもなく」なのかといえば、採用活動には多大な費用がかかります。もちろん、採用のコンサルティングも離職防止の一貫ではありますが、何より辞めていく人を止めなければ、いくら採用しても人は残らないのです。

例えるなら、採用は輸血。しかし、いくら輸血をしても体中から出血が止まらなければ、いつまで経っても回復することはないわけです。

このような理由から、企業は今、離職の防止に必死になっているのです。

 

採用コンサルタントは多数いるが、
離職防止コンサルタントは、存在しない。

人口が増え、右肩上がりの時代であれば、離職防止コンサルタントなどは不要です。しかし、人が減少する中、人が足りない時代には、採用するよりも、離職を止め、社員の定着率を高めていくことが求められます。

もともと、メンタルヘルスケアに強みを持っていたQOLですが、最近ではこのような企業状況から、離職防止コンサルティングに舵を切り、提案を続けたところ、対処しきれないほどの契約が舞い込んできてしまっているのです。

そこで、今回、離職防止コンサルティングのノウハウをすべてあなたに公開し、パートナーになっていただくことにしました。

QOLで培った離職防止のノウハウをすべてあなたにお伝えし、その後はQOLのパートナーとして、ぜひコンサルティング契約を取ってください。もちろん独自で動いていただいても構いませんし、この離職防止のノウハウをマスターすれば、あなたのコンサルティング契約は飛躍的に伸びていくはずです。

講座の内容は下記の通りです。

 

セミナー概要

日時(計4日間)

2017年 10月  2日(月)10:30~19:00
2017年 10月  3日(火)10:00~18:30
2017年 11月13日(月)10:30~19:00
2017年 11月14日(火) 9:00~18:45

講師

森田 司氏
(一般社団法人クオリティ・オブ・ライフ創造支援研究所 理事長)

カリキュラム 1日目

【離職防止の推進で最も重要なこととは】
雇入れ時の取り組み

【離職防止に必須の施策を理解する(Ⅰ)】
ダイバーシティマネジメントとワーク・ライフ・バランス

【離職防止に必須の施策を理解する(Ⅱ)】
過重労働防止対策とハラスメント防止対策

【離職防止に必須の施策を理解する(Ⅲ)】
メンタルヘルス対策

2日目

【調査分析を学ぶ(Ⅰ)】
厚労省「快適職場調査」

【調査分析を学ぶ(Ⅱ)】
厚労省「メンタルヘルス改善意識調査」

【調査分析を学ぶ(Ⅲ)】
就業規則及び各種規程 人事制度(評価処遇教育)

【調査分析を学ぶ(Ⅳ)】
労働安全衛生活動関連

3日目 【求人応募者を増やすための施策(Ⅰ)】
採用活動におけるダイバーシティマネジメント 他

【求人応募者を増やすための施策(Ⅱ)】
採用活動におけるCRM 他

【採用ミスマッチを防ぐための施策】
採用仕様書を運用した合否審査 他

【入社直後のトラブルを防ぐために必須の施策】
雇入れ時健康診断 他

4日目

【働きやすい職場づくりに有効な施策(Ⅰ)】
管理職の育成  ※調査分析とも連動させた、教育訓練と評価制度の事例紹介

【働きやすい職場づくりに有効な施策(Ⅱ)】
ハラスメントの防止 ※調査分析とも連動させた、教育訓練と評価制度の事例紹介

【働きやすい職場づくりに有効な施策(Ⅲ)】
人間関係問題の防止  ※調査分析とも連動させた、教育訓練と評価制度の事例紹介

【QOL とのアライアンスについて】
QOL アライアンスパートナーとしてご活躍頂くメリット 他

会場  

スマートワークスセミナールーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南3-9-12 ニッカナビル5F
アクセス            都営新宿線、東京メトロ有楽町線、南北線「市ヶ谷駅」
       A3出口から徒歩4分
       A1出口から徒歩6分

費用   

500,000円→ 特別価格 298,000円(税別)

お申し込みはこちらをクリック

 

講師プロフィール(森田司)

一般社団法人クオリティ・オブ・ライフ創造支援研究所  理事長 森田 司(もりた つかさ)
経営コンサルタント、カウンセラー、コーチ、講師

1968年3月15日生まれ 満48歳 男性
東京都立商科短期大学(現首都大学東京)商学部商学科卒業 マーケティングと法律を専攻大手のインテリア関連企業でのサラリーマンを経て経営コンサルタントとして独立、労務管理全般、特に人材の採用と管理職の育成、営業職の育成、の支援に注力する。2007年8月合同会社ウィナーズサークルを設立し、労務管理の中でも安全衛生活動とメンタルヘルス対策、ダイバーシティとユニバーサルデザインとホスピタリティを踏まえた職場環境づくりと人事制度の構築・運用に着手同時進行で NPO 法人日本ケアフィットサービス協会(現公益財団法人日本ケアフィット共育機構)にて「サービス介助士2級」「サービス介助士準2級」の企画開発普及啓蒙活動にたずさわり、運輸交通、宿泊飲食、小売卸売、金融業界の人材育成支援を展開。
2009年10月一般社団法人クオリティ・オブ・ライフ創造支援研究所を設立し、自らが労務管理支援にたずさわるだけでは無く、士業、主に社会保険労務士を対象に労務管理支援を開発・向上することを目的とした各種講座とアライアンスビジネスを展開。
2010年度から2015年度まで、厚生労働省の独立行政法人労働者健康福祉機構(現労働者健康安全機構)の勤労者医療課及び産業保健課において外部研究者として活動。
2013年度から、厚生労働省東京労働局三鷹労働基準監督署において「健康職場づくりプロジェクト」を立ち上げ、外部研究者として活動。他、東京労災病院のがんの両立支援アドバイザーを務めた経験もある。企業支援の実績は約500社3000事業場。

一般社団法人クオリティ・オブ・ライフ創造支援研究所 理事長
厚生労働省 独)労働者健康福祉機構 元外部研究者
厚生労働省 東京労災病院 両立支援研究事業 元外部研究者
厚生労働省 東京労働局三鷹労働基準監督署「健康職場づくりプロジェクト」共同研究者
東京都しごと財団 団体課題別人材支援事業 コンサルタント
新宿区 働きたい職場づくり応援事業 コンサルタント
東久留米市 職場定着向上等支援事業 コンサルタント

追伸

この講座は、今回のみの開催となります。次回開催の予定はありませんので、ぜひ予定を調整してご参加ください。離職防止コンサルティングができるようになれば、1件10万円、30万円の契約なんて当たり前です。

実際にQOLとそのパートナー社労士は次々と結果を出しています。1年後には、おそらくライバルも増えますから、今この知識と能力を身につけるのが最善です。マイナンバー法、優良企業認定、ストレスチェック…「本当にそんなのが仕事になるの?」と疑われていた頃、お金にしていたのがQOLです。

おそらく、「離職防止コンサルティング」にピンと来る人は少ないでしょう。でも、だからこそ、チャンスだということを、ぜひ心に留めておいてください。

お申し込みはこちらをクリック