資格起業家養成講座

天才塾基本カリキュラムの教材です。ご入会いただくと無料でご覧いただくことができますが、単体購入も可能です。

4

資格起業家養成講座は、天才塾にご入会いただくと無料で手に入れることができますが、教材単体での購入も可能です。販売価格は10万円(税抜き)となります。

教材内容:テキスト2冊(合計612ページ) 郵送でお届けいたします
音声:購入後ダウンロード(mp3方式)

第1部 1000万円以上を実現する行動計画(57:38)

・事務所運営の5年後、10年後に毎月キャッシュを残せる事務所になるためには?
廃業してしまう士業のほぼ100パーセントがこの目標設定をしていません。もし、あなたが目標をきちんと設定できなければ、着実に廃業の道に向かってしまいます。逆に、毎年あなたに合った論理的な目標設定を行うことができれば、1000万円以上の売上を獲得することも可能になります。

・多くの人が陥る盲目の罠とは?
落ちているお金を拾うほど簡単な「絶対に儲かる」ビジネスモデルやマーケティングが、目の前にあっても、多くの人は使いこなせません。これには理由があります。最初うまくいってしまった人ほどこの断層に陥り、事務所を大きく成長させることができないのです。あなたにはこうした無駄な機会損失をしてほしくありません。

・横須賀が1年以上にわたり、心理学・脳科学などから構築してきた「アベレージマインド」の究極型とは?
実は、単に根性論的に「やる気」を出すだけでは長期間持続させることができずに、かえってモチベーションを下げることがあります。しかし、あなたがこのアベレージマインドを知れば、ずっと継続して売上を上げ続けるマインドの基盤が手に入るのです。2008年に体系化した横須賀式モチベーションアップ方法を、バージョンアップした究極型でお届けします。

・永続し、安定定期な収益を得るための「ビジネスモデルのゴールデンルール」とは?
おそらくこのゴールデンルールを知らずに起業してしまうと、毎日不安な経営になってしまうでしょう。あなたが明日明後日の売上をまったく心配せずに経営をし続ける方法とは?このゴールデンルールを知っているか知っていないかで、事務所の安定具合が全く変わってきます。これは士業だけでなく、コンサルタントとしても絶対に知っておきたいルールなのです。

・あなただけの成功を手に入れるための3つのルールとは?
このマインド状況を満たしている士業・資格業はほとんどいないでしょう・・・脳が「仕事がしたい」「もっと営業がしたい」「売上を上げたい」と自然に考えるようになる3つのルールをお教えします。例えば、もしあなたが1000万円以上稼ぎたいと思っていたら、この3つのステップをたどることによって、今日すべきことが明確になり、「何をしたらいいんだろう」という無駄な苦痛を排除することができます。

・経営の恐怖からあなたを救うたった1つのステップとは?
あなたがもし開業に不安を抱えていたら、売上の保証はできませんが、その不安を取り除くことは容易にできます。それもたったひとつの方法です。多くの場合、自分の思考によっていたずらに不安を増やしてしまっています。その呪縛を取り除く方法をお伝えし、あなたが将来で悩まなくなるような思考法をお伝えします。

・お金の意識改革とは?経済的不安を取り除く方法とは?
正直、資格業の方はあまりお金を稼ぐのがうまくありません。それはお金の概念が違っているからです。その意識改革を行います。これをやることによって、あなたが「偉そうなことばかり行っていて、事務所経営がお粗末な所長先生」になることを防ぎます。また多くの人が持つ経済的不安ですが、これを限りなくゼロにする方法をお伝えします。もしあなたがこの方法を知れば、「悩む」ことがなくなりますので、知らない人に比べ、時間を有効に使えるようになります。

・これだけ学ぶだけでも売上倍増の可能性がある「マーケティング・シンキング」とは?
私はこの「マーケティング・シンキング」を究極の考え方であり、ビジネスのもっとも根本的な原理原則であると考えています。極論を言えば、あなたにセンスがあればこの「マーケティング・シンキング」を学ぶだけでも売上が上がる可能性は十分にあります。一般の人とは真逆の考えで、「なぜ売れないのだろう」と無駄に考える時間を半減することができます。

・「商材」としての士業とマーケティングの結論とは?
士業の商材としての性質を研究した結果、「資格を取ると幅が広がる」「資格業の仕事は営業次第」などの常識がガラガラと崩れ落ちました。結論として、士業のマーケティングはある2パターンが有効であることがわかりました。その究極の結論を公開します。

・資格起業家メソッドと2つの基本ビジネスモデルとは?
資格起業家になる!成功する「超高収益ビジネスモデル」のつくり方生え抜きの士業である横須賀だからこそ生み出せた資格起業家メソッド。他のコンサルタントや役職だけお偉い先生には話すことができない独自のメソッドを公開します。これによってあなたは士業に最適なビジネスモデルを理解することができ、売上を上げる仕組みを構築できるようになります。

・最初のお客様をつかまえたい
まったくのゼロから初めての業務を獲得するにはどのような方法があるのか?また、開業時にしかできない営業方法とは?横須賀輝尚自身の体験談を中心に、「初めて業務を取る」ということにフォーカスしてその方法を解説。あなたが営業未経験でも仕事が取れてしまう方法です。

・業務単価を上げるには?
お客様は「書類」にお金を払っているのではなく、「時間」や「価値」にお金を払っているのです。すなわち、「○○申請書1通」の代金では高い報酬を得られないのです。では、どのようにすれば高額で業務を取ることができるのか?1回5000円の作成代金が10万円まで上がって方法を公開します。

第2部 今すぐ売り上げをつくるネット営業(54:06)

・即売上を上げるにはネット集客が最適。インターネットで集客する場合の2大原則とは?
この極めてシンプルなポイントを押さえていないため、「サイトつくったのですが問い合わせが全くありません」という状況になりがちです。あなたのネットマーケティングを「穴のあいたバケツに水をくむ」ような無駄にしないための基本をお伝えします。

・士業が行うべき3つのネットマーケティングのパターンと優先順位とは?
多くの士業がやみくもにサイトをつくり、SEOをかける・・・という勝てない戦いを挑んでいます。その中であなたが勝ち残るにはこの中の2つ目のパターンに取り組んでいく必要があるのです。これを半年以上継続できれば、あなたは自分自身で売上をコントロールできるようになるでしょう。

・サイトからの問い合わせを爆発的に増やす4つのポイントとは?
ほとんどの士業サイトでは見られない信頼性の強化、ユーザビリティの向上、設計、耐性(体制ではありません)を検討することによって、問い合わせは圧倒的に増えていきます。当然のことながら「ユーザビリティ」という言葉だけを知っていても意味がありません。

・業務獲得のための成約率が高いホームページとは?
もう2004年以前のネットマーケティングの本はすべて捨ててください。今ではもう手法が違います。サイトから集客し続ける横須賀事務所の事例、地方にもかかわらず業務をサイトから取り続ける行政書士の事例を収録し、解説しています。

・最も効果が高いネット集客法とは?
メルマガ広告、バナー広告、PPC、ブログ広告、SNS広告とネット上の広告は様々ですが、もっとも効果がある広告をここでは基本から具体的な広告文までお伝えします。これを知ることによってムダな広告費をかけることはありませんし、場合によっては翌日からすぐに売上が上がるようになります。

第3部 狙いを定めて充てるDM営業その他の営業実践(52:42)

・広告とダイレクトメールの黄金原則とは?
広告やダイレクトメールには原理原則があります。リスト、オファー、クリエイティブという基本から、実際にダイレクトメールで顧問を獲得した事例、FAXDMでセミナーを集客した事例を紹介。実際に使用されたDM、FAXDMを見ることができるので、あなたもすぐに真似することが可能です。

・すぐに顧問につながるダイレクトメールのゴールデンルールとは?
ダイレクトメールを全く知らない人に出す場合に、絶対に入れなければならない3つのゴールデンルールがあります。私も仕事柄士業のDMを見ますが、そのほとんどが1つのルールも守っていないのです。これでは即ゴミ箱行き。成約率を爆発的に高めるダイレクトメールのゴールデンルールをここでは公開します。

・税理士が特に活用できる新設法人向けダイレクトメール
実際のところ、真剣にダイレクトメールに取り組んでいる士業は全体の1%にも満たないでしょう。つまり、これから真剣にダイレクトメールに取り組めば、顧問を取れる可能性は十分にあります。ここでは実際に顧問を取り続けているDMを元に、セミナー集客成功事例なども合わせて事例を公開します。

・大成功した広告事例
ある媒体にある特定の分野の広告を載せると、劇的に問い合わせが増えます。これはどこの地域でも発行されているもので、あなたはこのスペースにさえ広告を出せれば、大きな反響を得ることが可能なのです。

・広告・看板で仕事を増やしたい
看板や広告で本当に仕事が取れるのか? 正解は、「取れます」。ただし、重要なのは看板や広告のキャッチコピーやデザイン、レイアウトや紙面の大きさではありません。では、いったい看板や広告では何が重要なのか?その事実と成功事例を解説します。

・飛び込み営業で仕事を増やしたい
飛び込み営業で仕事は取れるのか?決して効率が良い営業方法ではないですが、実際に仕事が取れた例をトーク事例までつけて公開。比較的プッシュしやすい業務の場合、飛び込み営業でも仕事は取れます。その具体的業務名や段取りを公開します。

第4部 アナログ営業で着実に仕事を増やす(56:20)

・士業にとって紹介が重要な理由とは?
士業の仕事は、ネットからだけでも取れます。しかし、ネットからくるのは比較的安めの仕事が多いのも事実。
本当に大きなお客を増やしている人は例外なくアナログな営業もしています。それは、大きな仕事は信頼の元にしか発生しないからです。なぜ横須賀輝尚がここまでアナログ営業にこだわるのか。その理由を公開します。

・士業特有の2パターンの人脈とは?
人脈営業といえども単に名刺をばらまけば成功するわけではありません。まずはこの人脈の種類を見ぬくこと。この人脈のパターンを知ることによって、都心でも地方でも効果的な人脈構築の方法がわかります。
あなたも無駄に名刺を配って意味のない名刺を集めてしまったことはありませんか?今後、無駄な名刺交換しないためにも、まずは人脈の種類を最低限おさえてください。

・一生続くお客様を捕まえる方法とは?
世の中はインターネット集客至上主義です。しかし、士業の営業はネットがすべてではありません。ではなぜ世のコンサルタントはアナログの重要性を語らないのか?それは当たり前過ぎて面白みがなく、お客様が集まらないからです。私は静かに真実のみを語ります。本当のアナログマーケティングは一度できてしまえば一生続くお客様を捕まえることができるのです。

・自然と仕事が湧き出てくる紹介営業のダイナミズムとは?
2007年から横須賀事務所は行政書士の営業を一切してきませんでした。しかし、行政書士の仕事は一切なくなりません。それは人脈による紹介が増え続けているからです。「行政書士は3年は食えない」のではなく、「3年間人脈を増やし続ければ、自然に紹介で食っていける」のが正解なのです。

・初対面のトークで人脈を確実につかむ方法とは?
最大の失敗は「何かあったら何でもいいのでご連絡ください」という営業トーク。これは最悪です。仕事がくるどころか、人によっては嫌われてしまいます。セミナーや異業種交流会で初めて会った人と人脈をつくるにはどんな会話をしたら良いのか?社会人経験なし、23歳から5000人以上の人と会ってきた私がその会話のポイントをお伝えします。これによってあなたが初対面の人と会っても、スムーズに人脈をつくることができるようになるのです。

・紹介が倍増する、印象度が何倍にもなる、ライバルと差別化できる「名刺」の作り方とは?
たかが名刺1枚ですが、この名刺を工夫することで23歳から士業の仕事を私は取り続けてきました。当時使用していた名刺のレプリカと、実際に顧問を取り続けている税理士の名刺事例などを公開します。

・たった50円からできるお客の心を一発でつかむハガキ営業とは?
横須賀自身が出してきたハガキはおよそ3000枚以上(もっとあるかもしれませんが、集計しきれません)。ハガキ1通でもお客様の心をつかんでしまえば、そのお客様から一生仕事がくるようになります。事例を交えて効果的なハガキの書き方をお伝えします。

・面倒くさいハガキ営業を確実に実践するためのコツとは?
なぜ、たった1通のハガキ、FAXが出せないのか?出せば効果が出るとわかっていながらできないのは、あなたのモチベーションと仕組みにあります。一度仕組み化してしまえば、あとはやるだけ。ひとつポイントとしては、成約率を100%に持っていくためどうしてもハガキを出しておきたい時があります。少なくともそれだけは実践してください。売上は上がります。

・ニュースレターで業務と取り続ける黄金率とは?
ニュースレターに書く内容は2つ。どちらもバランスが重要です。そして、継続して出し続けること。1回のニュースレターが何通になれば反応は取れるのか?実際に業務が取れたニュースレターをまるごと掲載。あなたもニュースレターで仕事が取れるようになります。

第5部 紹介や口コミで仕事を増やしていく+商談成功率を高める方法(46:29)

・口コミで紹介を増やすための具体的フレーズ集とは?
紹介を増やすために使いたいフレーズを網羅。たった一言を習慣づけるだけで、仕事は増えていきます。人会った時に使える魔法のフレーズ週を収録しています。

・すぐに売上につながる異業種交流会の仕掛け方とは?
アナログマーケティング、人脈営業を最大化させるのが「人脈の中心」になること。横須賀自身が1年継続させた異業種交流会の事例を中心に、あなたが人脈の中心になるための方法を解説します。一度人脈の幹になってしまえば、当然仕事は舞い込んできます。ただし、やってはいけないひとつのポイントがあるので、そこには気をつけたいところです。

・地方都市で異業種交流会を成功させる方法とは?
地方都市で年間200名以上の集客を実現させている事例を紹介。なぜ、このような人口が多くない地域で、これらの会を維持・継続できるのか?そしてなぜこの地域で有名講師を呼び、セミナーが開催できるのか?その秘訣を事例中心に解説。あなたが首都圏以外で開業しようと思っていたら、このトラックを聞くことによって、現実が180度変わってしまうでしょう。

・なぜ、商談を成立させられないのか?
これまで多くの士業の商談に立ち会ってきましたが、その80%以上が最初で大きな「ミス」をしています。このミスをミスだと気がつけないと、商談はあっさり失敗します。80%以上が陥るミスとは一体何か?これを知ることによってあなたの商談成功率は何倍にもハネ上がります。

・話し下手でも商談成功率を上げるポイントとは?
1時間話すよりあるものを渡す方が、実は成約率が高いのです。私の場合、「契約しないで結構です」と伝え、あるものを渡しします。そのあるものとは事務所案内なのですが、横須賀式の事務所案内を渡すとほぼ成約率は100%になります。その秘密とは?これを知ることによって、あなたは「口べたでどうしよう?」という悩みから一生解放されるのです。

・顧客に好かれる電話対応とは?
多くの士業、特に行政書士に多いのですが、「電話がかかってくるのが怖い」といいます。なぜ怖いかと言えば「わからないことを聞かれたらどうしよう」という理由です。私自身も何も業務知識のないまま電話対応を受けていましたが、あわてることはほとんどありませんでした。それは、2段式電話対応をしたからです。この方式を知ることによって、あなたは電話を恐れることはなくなるでしょう。

顧問報酬型の顧問契約の成約率を上げる5つのルールとは?
なんとなくやっていても顧問先はほとんど増えません。しかし、このたった5つのルールを知るだけで、あなたの顧問先は急増するのです。具体的には商談の成約率と口コミが増えます。その5つのルールを公開します。

第6部 商談成約率を高めて第二の壁を破る(51:52)

・3つのシナリオで、クロージングする
毎回アドリブで商談をしていたら、成約率は高まりません。成功する商談にはシナリオがあるのです。ここでは、3つに分けてクロージングまでを解説。これを知らないと、「良い話ができたのに、成約しない」という事態に陥る可能性が高くなります。

・絶対にやっておくべき事前準備
調べることは2つに分類されます。事前にこれをやっておくのとやっておかないのでは、天と地ほどの差が出ます。今日からできる成約率を高める事前準備をぜひ行ってください。

・成約率の高い事務所案内収録
実際に会員様が使用した成約率の高い事務所案内を掲載。今では手に入れることが不可能な、横須賀輝尚の個人事務所時代の事務所案内と商談時の実務シートも完全収録。これを参考にあなたも事務所案内を刷新すれば、さらに成約率が高まります。

第7部 資格起業家とコンセプト経営(60:19)

・士業ビジネスの昇華型「コンセプト経営」とは?
2013年に横須賀輝尚がたどりついた「コンセプト経営」。士業のビジネスと、コンサルティングビジネスをどのように考えれば良いか。横須賀輝尚の自由な発想の真骨頂。あなたが方向性に悩んでいたら、この講義でそれは解消されるでしょう。

・資格起業家メソッドと2つの基本ビジネスモデルとは?
資格起業家になる!成功する「超高収益ビジネスモデル」のつくり方生え抜きの士業である横須賀だからこそ生み出せた資格起業家メソッド。他のコンサルタントや役職だけお偉い先生には話すことができない独自のメソッドを公開します。
これによってあなたは士業に最適なビジネスモデルを理解することができ、売上を上げる仕組みを構築できるようになります。

・あなたの資格起業家ビジネスモデルを構築するための4つのステップとは?
これはお客様から一瞬で信頼を勝ち取り、あなただけに仕事をお願いしたいと思わせる方法です。この単純な4ステップを踏まないからこそ、多くの士業は競合他社との競争に勝ち残れないのです。

・新しい利益を生み出すコンテンツ型資格起業家とは?
横須賀が分析した4つの顧客属性の中から、新しく利益を出す3つの顧客属性をターゲットにしたコンテンツ型資格起業家。これまで士業が目の前に見えているのに見過ごしていた利益倍増の機会をつかむビジネスモデルです。そして4つのステップ、2つの事例によってさらに実態像をつかむことができます。

・業務がゼロでも固定収入が生まれるコンサルティング型資格起業家とは?
2つの事例と4つのステップを元に解説。パワーコンテンツジャパン株式会社が実際に使用している契約書雛形例も収録。また、コンサルティング契約の成約率を上げる2つの簡単な方法もお伝えします。

・横須賀の書籍「資格起業家になる!」には未収録資格起業家モデルとは?
それは、『広告収益型資格起業家』と『コミュニティ型資格起業家』というビジネスモデルです。実際に収益を生み出している目の前の3つの事例から学ぶことによって、あなたも実践することができます。しかも劣化したノウハウではなく、最新事例を収録しています。

第8部 マーケティングを強化するメルマガ・セールスレター(56:14)

・横須賀自身が一番時間を割いているコピーライティングとは何か?
また、全くライティングをしたことのないあなたが、 全体像をつかむには?多くの資格業・士業はこの「ライティング」の重要性に気がついていません。ライティングの存在を知るだけであなたのネットからの収益は何倍にもなるのです。そしてライティングの基本構成は5つ。それに4つのポイントがつきます。これだけでも売上は大きく変わってきます。

・あなたのコピーライティング力を倍増させる「書く」こと以外の重要な要素とは?
実は売れる文章というのは書く前に勝負が決まっています。例えば私は文章を書く時間より、書く前の準備の方がかける時間は多いです。雑誌を読んだりテレビを見たり・・・普段はあまりこういった媒体を見ませんが、ライティングのときには必ず見るのです。なぜ見るのかがわかれば、あなたにはこの準備を学ぶ必要はありませんが・・・。

・ライティングをするときのマインドセットとは?究極のセールスレターとは?
文章にはあるものが必ず投影されます。私自身過去の文章を読むとあまりのその反映に驚くばかりです。この投影によって売上の増減や果ては評判さえ変わってきます。また、ライティングは文章をつかってお客様を心理操作することではありません。一見矛盾するように見えますが、究極のセールスレターは「レター」ではないのです。そのたったひとつの重要なポイントを公開します。

・たった5日間、3通のメールで103万3600円を売り上げたセールスレターとは?
草案をすべて収録し、横須賀の考えをすべて解説しました。実際に私が何を考えて文章を書いたのか、そのすべてを明らかにします。また、今回はお蔵入りになったセールスレターを元に、横須賀自身が「どう考え」、コンセプトを考えたのか、文章を選んだのかをすべて公開。この考え方を知ることによって、あなたもセールスレターのレベルを一段階上げることができます。

・レターの反応率を上げる10のテクニックとは?
私がレターを書くときに必ず用いるテクニック10を収録。もちろんテクニックよりも重要なことはありますが・・・使えばあなたのレターも反応率高まります。この文節の中にもひとつ、そのテクニックをつかっています。わかりますか?答えは本カリキュラムの中にあります。

・売上拡大にダントツの威力を誇るメールマガジン活用法とは?
アクセスアップをする方法はたくさんありますが、その中でもダントツの売上を上げるのが「メールマガジン」。しかし、断言してもいいですが99%の士業はこのメルマガの使い方を間違えてしまっています。その点を指摘しながら、アクセスアップの手法について解説します。

・月100万以上売り上げるための基盤となる顧客リストの重要性とは?
士業はまず「リスト」の重要性に気がついていません。しかし、これに気がつくと、狂ったようにリストを集め出します。そのくらいリストは重要なのです。月100万円以上の売上を上げるには、このリストを集めるという作業は極めて重要です。単純ですが、98%程度の士業はやっていません。やれば、あなたの勝ちです。

・ネットからは見えない隠れた裏の仕組みとは?
販売用のレターサイトというのは見たことがあるでしょう。このサイトもそうですし、セミナーのサイトなどがそれです。このサイトを真似ることは誰でもできますが、あとは単純にアクセスを流すことはできても、アクセスの流し方までは真似できません。ここが全く売れない人と月100万円以上売る人の違いなのです。このネットからは見えない裏側を公開します。

・リストなしでセミナーに30名以上集客した信じられない成功事例を公開
リストは重要・・・しかし、リストなしで1万円のセミナーを実施し、30名以上集客した行政書士の事例を公開。彼女はセミナーについてもほぼ未経験、リストも集めたことがまったくない。そういう状態でいかにして集客を成功させたのか?

・レター型のサイトで絶対にやってはいけないこととは?
それは聞けば今すぐにもできることです。しかし、多くの人がこれをやっていないがために売上を激減させてしまっています。聞いたらすぐに直せます。すぐに実践してください。

・横須賀が5日間、たった3通のメールで100万円以上売った自身の事例を解説。
メルマガの文例もそのまま収録しました。文面も当然大事なのですが、「なぜそのタイミングで発行したのか?」「何のためにその文面にしたのか?」このあたりが重要なポイントになります。1通で1万円のセミナーを20名以上集客した事例メルマガ事例を紹介。
これは裏側の話ではなく、テクニックの話です。極端な言い方をすれば、あなたもこれを真似するだけで売上があがります。ただし、あまりの威力ゆえに危険な方法でもあるので、使用する場合は絶対に悪用しないでください。

第9部 2つのパターンで成功するセミナー開催法(53:42)

・売れるビジネスコンテンツをつくる4つのパターンとそのリサーチ方法とは?
売れるコンテンツをつくるための4つのパターン。そして、つくる前に重要なリサーチ法をお教えします。実は売る前から売れるかどうかはわかっているのです。コンテンツ制作の準備段階であなたがやっておくべきことをお伝えします。

・同業者に気づかれないようにうまく利用して、コンテンツをつくる方法とは?
あなたのためにライバルはお金をかけて実験してくれているということに気がついてください。もちろん、盗むような犯罪行為ではありません。いきなりオリジナルのコンテンツをつくることはほぼ不可能といえます。そのため、参考にするスキル、というものが極めて重要なのです。

・信じられないほど簡単に売れるキャッチフレーズをつくる方法とは?
25歳から3年間に著作10冊、プロデュース10冊以上の横須賀が、誰でも簡単につくれる誰でもが手に取りたくなるテーマ・タイトル・キャッチコピーのつくり方を公開します。少なくともあなたは4つのマスに文字を埋めるだけで売れるキャッチフレーズをつくることができるのです。

・横須賀が社内や天才塾の相談会でしか話してこなかったセミナーコンテンツの作り方「要素分解法」とは?
この方法を理解すれば、3時間でも6時間でもセミナーをつくることができます。実際に横須賀はこの方法で10時間のセミナーコンテンツの作り方を作り上げました。あなたがセミナーをつくりたいと思っていたらその手順の90%以上を知ることができます。

第10部 セミナー講師としてのレベルを高める(48:00)

・お金が取れるセミナー講師になるには?
これまで毎年年間20回以上の講師を経験してきた私ですが、お金が取れなかった頃の話から、ひとり10万円以上取るセミナーの講師まで務めた経験を話します。あなたはこれによって講師をする際の気をつけなければならないポイントがわかり、講師ができるようになる準備ができます。

・セミナー開催の「3つの壁」とは?
セミナーには「集客」「コンテンツ」「話す」の3つの壁があります。ここでは「話す」の壁を徹底的に取り払います。話すことは才能と思われがちですが、実際のところは「量」と「事前準備」でほぼ成否が決まるのです。ここでは「事前準備」を中心に、顧客をつかめるセミナー講師になる方法を公開します。これを知ることによって、あなたも講師として活躍できる下準備ができるのです。

・緊張を押さえる17のルールとは?
セミナーで最も怖いのが「緊張」です。緊張すればするほど、すべてが空回りします。実際に私も最初は緊張し、セミナーを早く終えてしまうこともありました。しかし、この7年間に17のルールを守るようにしてからは、ほぼ緊張せずにセミナーに臨めるようになり、結果として、アンケートの結果も極めて良いセミナーをすることができるようになりました。今回横須賀式のゴールデンルール17を初公開します。

・成功するセミナー構成7つのルールとは?
成功するセミナー構成には7つのルールがあります。多くの場合セミナーは自己紹介から始まることが多いですが、すでにこの時点でルール3違反です。なぜ、セミナーで自己紹介をしてはいけないのか?そしてセミナーの全体構成はどのように考えれば成功するのか?あなたを名講師へと演出するセミナー構成7つのルールを公開します。

・話し方の基本14のルールとは?
私自身、話し方は我流で独特です。しかしながら、一般化された「うまい話し方」にはない手法が多数あります。具体的にはセミナー開催前にしておくべきノウハウ、実際のセミナーで使うアイテムなどのノウハウがありますが、この基本とも言える14のルールをつかうだけでも、「セミナーがうまい」「話が面白い」と言われるようになるでしょう。

・話し方の応用 8つのルールとは?
より高度な話し方のルール8です。基本のルール14をおさえておけば、間違いなくただ我流だけの講師よりはうまくなります。しかし、この8のルールをさらに付け加えると、より深みのある話ができるようになります。いわゆる話に「説得力が出る」「聞いていて面白い」という感想が増えます。そして最後まで飽きさせない話し方がわかり、あなたのセミナーの満足度は間違いなく上がるでしょう。実際にこの教材を聞いたあと、セミナーをやってみてください。アンケートの結果がこれまでとは変わってくるでしょう。

第11部 業務効率改善とブランディング(48:19)

・士業・資格業におけるブランドとは?
「マスコミに載る」「本を出す」これがブランディングではありません。ブランドの本質をどうつくっていくのか?そしてそのブランドをどう生かすのか?お客様が「あなたに業務を頼みたい」と言ってくれるのがブランディングです。

・なぜ、無名だった私が全国的知名度を得られたのか?
私はある分野での戦いを避けました。多くの士業がここに戦いを挑み、負けています。弱者には弱者の戦い方があるのです。そしてもし、あなたが私と同じような状況でなにも実績がなかったとしても、口コミを起こしブランドをつくることは可能なのです。たった数時間の作業で、あなたのことを誰かが話はじめることだってあるのです。

・雑誌10冊以上、テレビやUSEN放送などに出演できた理由は?
マスコミに載るのはある種タイミングに左右されるので、確率論になります。この確率を上げる方法を公開。3つのマスコミ掲載ポイント、そしてマスコミ人脈の作り方など、横須賀の事例を中心に解説します。

・なぜ、たった3年の間に10冊以上の本を出すことができたのか?
出版業界を深く知る横須賀がまずは出版のカラクリをお伝えします。多くの場合4つ以上の認識違いを起こしているのです。そしてあとでは絶対に変えられない本の重要性を解説します。

・企画書はどう書けば通るのか?絶対に掲載したいポイントが4つ。
多くの企画書は「自分が出したいだけ」の本であって、出版社のことを考慮していません。この4つのポイントを掲載するだけでも企画成立率は高くなります。

・人脈もコネもなかった横須賀が、どうやって出版社に提案できるようになったのか?そして今士業が狙うべき本のテーマは?
出版業界への販路の作り方を解説。だれでも無料で企画を見てもらうという方法があります。そして、現在の出版トレンドは?士業・資格業はどのジャンルの本を狙うのがベストなのか?今現在も出版業界とつながりがある横須賀が最新業界事情をお伝えします。

第12部 最高の組織組成とアライアンス(46:32)

・なぜ、組織をつくるのか?
実は組織をつくって幸せな人とそうでない人がいます。あなたが組織をつくっていいのかどうか、まずその点を明らかにして組織のゴール地点を決めていきます。多くの場合、これを考えないことによって組織の組成が何年かかってもできないのです。

・士業の組織生成4パターンとは?
私はこのうち4パターンを実践してきました。そのどれにもメリットとデメリットがあり、どの時期でどの組織を選択するかによって、成長の度合いが変わってくるのです。

・採用をする前に準備しておきたい7つのルールとは?
士業の場合、一般的なビジネスよりも仕事の内容が特殊です。そのため、最初の準備をしておかないと採用したあとに「思った通り働いてくれない!」となるのです。しかもその場合の責任は所長であるあなたにあります。たった7つのルールを見ておくだけで、採用後のスタッフの伸びが明らかに違うのです。

・面接の際に最低限確認しておきたい5つのポイントとは?
ひとり事務所から脱却する場合に特に重要なのが、5つの中の3つ目のポイント。私がふたり体制の事務所を長くできたのはここに理由があります。

・具体的な採用はどのようにするか?
基本的には2つの方法があります。私は2番目の方法を取り、求人には一切お金をかけてきませんでした。その具体的な募集方法を解説します。逆に言えば最初から一般の求人広告をかけても失敗する可能性が高いと言えます。その理由を知ることによって、あなたもこの前者の手法を選択するでしょう。

・スタッフを生かす教育方法とは?
ポイントは「時間」と「コミュニケーション」にあります。横須賀式では4つのルールに従い、2つの信条を持ってやっています。最終的にスタッフが辞めてしまうというところの原因が何であるか気がつかなければ、組織は育っていかないのです。

・会議を行わずにスタッフメンバーと情報共有をし、事故を防ぐ方法とは?
WORKtheMAGICON行政書士法人及びパワーコンテンツジャパンは、極めて会議の少ない会社です。その理由は「会議をする必要がないから」です。もちろん会議を行うことはありますが、普段の業務はすべてメール上で完結させます。結論を言えば、メーリングリストをつかって、すべての業務を情報伝達しているのです。これによって、全員が把握することができ、事故も未然に防げます。ただし、慣れていない会社が導入すると混乱するだけです。そうならないためのメーリングリスト導入ルールとひとつのアナログなルールをお伝えします。これを知ることによって、ムダな時間を省くことができ、事故の少ない事務所にすることができます。

PAGE TOP