2015年、第6回天才塾成功発表会開幕!行政書士、社会保険労務士、税理士…士業・資格業のためのスペシャルイベント士業事務所の売上を6倍にする 経営力徹底向上セミナー 天才塾成功発表会



私自身、23歳のときに行政書士で独立開業し、相当の苦労をしました。お金もなく、人脈もなく、インターネットマーケティングどころか名刺交換のマナーすら知らない。そんな状況でした。
開業資金はたったの30万円程度。生活は3ヶ月も持ちません。ガスや電話も止められ、絶望の日々。
私は、何か成功の起爆剤になるものがほしいと本屋に走りました。そこには行政書士で成功する方法や資格で稼ぐ方法などを解説した本がありました。読んで私はすべて実践してみました。

しかし・・・


様々ないわゆる「開業本」と呼ばれる本がありますが、その多くは体験談が中心であり、そのままマネができるものはほとんどありませんでした。そして過去の話であり、今では通用しないものが目立ちました。

私は絶望しました。

「一体何を指針にして営業したり、戦略を考えたりすればいいのだろうか・・・?」

私は迷いに迷い、多くのことを試しました。本を実践したり、ネットの情報を探してみたり・・・そして、試行錯誤の結果、私は最短距離で成功する極めてシンプルな方法を見つけたのです。



答えは非常にシンプルでした。

最先端で活躍している方の生の情報を聞く。

これが最良の方法だったのです。私は多くの方に会い、話を聞き、最終的に士業のビジネスモデル「資格起業家メソッド」を作り上げるまでになりました。

もし私が、経験と知恵を「話を聞く」という手段で得ようとしなかったら、本を読むために膨大な時間を取られていたでしょう。そしてそのノウハウは時代遅れなわけです。

ですから、もしあなたが事務所の売り上げを何倍にも伸ばしたいと強く思っているのなら、必ず最先端で活躍する方の話を聞いてください。時間と労力の省略になります。

しかしながら、現役士業の話が聞ける機会というのは年間通じてほとんどないと思います。そこで、そういった場を現役士業である私たちが提供できないか?と考えました。





この呼びかけに共鳴してくださったのが、天才塾の会員様です。天才塾は弊社が運営する士業向けのスクールであり、まもなく6周年になろうとしています。

私自身、天才塾ではすべてのノウハウを公開しています。ノウハウを公開することはある意味ではリスクです。ライバルを増やし続けてしまうだけなので・・・

しかしながら、私は行政書士という資格がなければ確実に今のような状況にはいられませんでした。そのため、この業界に恩返しをしたいという気持ちがあります。少しでもこの業界のためになれば・・・そういう強い思いで天才塾を創設し、最大の目標を「資格業界を人気業界にする」としています。

ですから、リスクを背負ってでもノウハウを公開し、多くの資格起業家を排出する。これが私のミッションであると考えています。ですから、私自身は何の出し惜しみもしていません。

今回、8名の方がこの考えに共鳴してくださり、自らの営業ノウハウ・経営ノウハウを公開してくださることになりました。

士業事務所の売上を6倍にする 経営力徹底向上セミナー

講師紹介

岸尾
■成功事例発表 岸尾 正博氏(弁理士) 13:30〜14:00

【プロフィール】

1977年札幌市生まれ。祖父・父・伯父が司法書士・土地家屋調査士、従兄が弁護士という一家に育つ。
現在、岸尾特許商標綜合事務所(弁理士・創業者)、北海道行政法務事務所(代表)、オールリーガル合同会社(最高経営責任者)、北海道科学大学非常勤講師(未来デザイン学部メディアデザイン学科)。
国立大学医学部助手、特許庁職員を経て2011年4月に弁理士登録。
「働きたい人が働いた分だけ幸せになる文化をつくる」 という理念のもと、弁理士登録と同時に「岸尾特許商標綜合事務所」を創業 (特許事務所での就業経験はゼロ)。
創業1年目は、特許庁職員(非常勤)・受験指導校TAC専任講師・開業弁理士の3つの職業を兼業しながら、事務所創業9日目にして当日初対面のクライアントから1件目の出願を受任。その後も会計事務所、デザイン会社との協業に着手しつつ、創業以来1年4ヶ月間の「ひとり事務所時代」(無人島時代)を経験する。
2012年8月、副所長加入を皮切りに、弁理士(業界未経験者含む)・弁理士試験最終合格者を合計10名採用、創業2年目にして特許事務所の組織化に着手する (現在は9名体制で運営)。 2013年1月、デザイン会社と合同で、ロゴデザインから商標登録までを一括サポートするサービス「LOGO PLUS」(R)を全国リリース。
2014年3月、ふるさとである札幌市に北海道オフィスを創立。同年6月、行政書士登録。主に会社設立をはじめとする企業法務を手がける。 2015年7月、総合法務サービスを提供する合同会社を設立し、コンサルティングを行っている。
この間、弁理士会では日本公認会計士協会東京会対応ワーキンググループ、知財活用推進委員会、農林水産知財対応委員会 (第3部会)、著作権委員会(第1部会)にて委員を、教育活動では立教大学講師(キャリアアップセミナー)、札幌市立大学芸術学部講師(意匠権セミナー)、パテントコンテスト/デザインパテントコンテスト指導弁理士(旭川工業高等専門学校、豊橋科学技術大学、長岡科学技術大学)を、公的活動では地方発明表彰選考委員(発明協会主催・北海道地方)をそれぞれ歴任している。また、創業60年を迎える実家の薬局の監査役も務める。

趣味はトレイルランニング。活動の記録はインスタグラムに投稿している。
instagram: http://instagram.com/benrishi  facebook: http://facebook.com/kishiomasahiro
twitter: http://twitter.com/kishiomasahiro

【セミナー内容】
インターネットを一切使わず集客する最新の「オフライン戦略」とは?
開業後たった9日で業務を受任した岸尾氏。最近は開業したらまずはインターネットという営業のイメージが強いのですが、岸尾氏は違います。1社のお客をしっかり捕まえ、そのお客から仕事をもらい続ける仕組み。これを作り上げました。あなたもこのノウハウを聞けば、高いお金をかけてウェブサイトをつくらずとも、集客が可能になるのです。
開業のスピードを格段に上げる人脈術とは?
無名、実績なしでもレベルの高い人と組む方法とは?岸尾氏は、開業から早い段階で、各業界の有名人と組み、仕事を増やしてきています。では、開業時、自分自身に実績がない状態で、どのようにすれば太い人脈をつくれるのか?オフライン戦略に必要な人脈術。惜しみなく解説いただきます。
都会と地方都市、2拠点で成功する方法
東京からスタートした岸尾氏。たった数年で地元である北海道にも拠点を持ち、クライアントを全国に広げました。
もしあなたが、都会でも地方都市でも成功したい。もっと日本全国で仕事がしたい。そう考えていたら、岸尾氏の話は必須のノウハウとなるでしょう。

吉田匡
■成功事例発表 吉田 匡氏(税理士) 14:00〜14:30

【プロフィール】

新陽税理士事務所 
代表税理士
吉田 匡 (よしだ ただし)

税理士。1980年、北海道苫小牧市生まれ。
2003年より約10年間税理士事務所に勤務。勤務中の2010年に税理士試験に合格。その後2012年、31歳の時に税理士として独立開業。
独立時は見込顧客2件、年間売上39万円の状況からのほぼゼロスタート。人見知りの性格から顧客獲得に伸び悩み、当初300万円の借り入れをしたにもかかわらず開業から10か月で預金残高15万円となる。事業継続も危うくなり、この状況を打開するためにWEBマーケティングを中心に集客方法を大幅に改善していく。顧客から顧問を「お願いされる」マーケティング手法で、年/1,000万円ペース新規顧客を拡大させる。開業から3年で100件超のお客様を獲得し事務所経営を軌道に乗せる。顧問契約の65%以上はWEBマーケティングによって集客した実績を持つ。
2014年より税理士2名を採用し、代表を含め税理士3名体制の事務所として組織化。それぞれの税理士が得意分野を生かして付加価値の高いサービスを提供させる方向へとシフト。2015年からは相続担当の税理士を置き、相続税申告のマーケットにも取り組む。WEBでは「相続税/札幌」のニッチなキーワードにもかかわらず月1ペースでご相談を受け、2015年8月現在で年内申告分の新規案件の受注をストップさている。
「値引きには一切応じない」「嫌なお客様とは付き合わない」「面談時には営業トークは一切行わない」という信条にもかかわらず、WEB経由の面談からの成約率は驚異の60%超。北海道外のお客様でも電話のみで申告案件を受注することもしばしば。
関与先様には週1回のメルマガ配信。ブログの更新頻度も高く、税務会計のみならずマーケティングや人材採用など、事務所の取り組みについても積極的に情報発信をしている。好きなものは和食と日本酒。


【セミナー内容】
地方都市でインターネットをつかって爆発的に売上を伸ばす方法
開業時、ほぼ顧客ゼロで開業した吉田税理士。彼が成功した理由はいたってシンプルで、それはインターネットの活用にあります。苦しんだ中にこそ、真実が見えるインターネットマーケティング。その顧客の実に7割が、ネットからの集客によるものです。2015年現在、いったいどのようにしたらインターネットから仕事が取れるのか?2014年からガラッと変わったネットマーケティングの現在を確認してください。
問い合わせを劇的に増やす「キーワード選定法」
ネットからの問い合わせを増やすのに、もっとも最適と言われるのが「リスティング広告」。しかし、多くの人がどのようにキーワードを決め、出稿して良いかわかっていません。そこで、今回は吉田税理士にリスティング広告についての解説を依頼。あなたが広告出稿で困らなくなるインターネットマーケティングを解説していただきます。
人材不足の時代に、優秀な人材を獲得する方法
今や募集する企業の方が、求職者よりも多い時代。つまり、人を採用することは難しくなってきています。もう、有資格者のみの採用や、簿記一級保持者等の人材を待っていても、人は取れないのです。では、この時代には、どのような採用戦略が成功するのか?この時代に組織を大きくし続ける吉田税理士に、その採用教育ノウハウを解説していただきます。

公門章弘
■成功事例発表 公門 章弘氏(税理士)14:30〜15:00

【プロフィール】

公門 章弘(くもん あきひろ)
税理士、タグボートコンサルティング株式会社 代表取締役
ランチェスター経営『戦略★社長塾』佐賀校塾長

1970年、佐賀県生まれ。佐賀大学大学院修了。
2004年、34歳のときに公門税理士事務所を設立し独立。 顧問先3件、スタッフ1名からのスタート。税理士事務所であるが民間企業に変わりないという視点で戦略戦術を考え、マーケティング活動を行う。「自らが経営する事務所で実践し、成功しなければ経営コンサルティングとは呼べない」という信念のもと、開業10年で顧問先200件、年商1億円規模まで業績を伸ばし、文字通り佐賀で地域一番のサービスを提供する事務所となった。自身の経営する「公門税理士事務所」にてランチェスター経営戦略を実践。
徹底的に地域で圧倒的一番になるにはどうすればいいのかを考え、平成24年度は顧問先50%UPという驚異的な数字をたたき出す。平成25年度は顧問契約実績67件。人口30万商圏において顧客獲得数日本一(コンサル会社調べ)の結果を残す。
2008年、株式会社タグボートコンサルティングを設立し代表取締役に就任。コンサルティング事業、記帳代行事業を本格的に始動。
2011年、会社設立支援事業を開始し起業家の会社設立・資金調達・税務会計・労務を一貫してサポートできるグループを組織する。
2013年、財務金融支援事業部を設立し中小企業の資金調達、財務改善コンサルティングに本格的に参入。社内において金融機関の審査レベルの機能を構築。
2015年、タグボートコンサルティング株式会社(福岡市)を設立し代表取締役に就任。セミナー事業、社長教育事業を本格的にスタートさせる。
「佐賀を元氣にする、日本を元気にする」をモットーに、日々奔走中。


【セミナー内容】
佐賀県若手ナンバーワンの税理士がいよいよ東京に登場
佐賀県の若手税理士といえば、この人の名前を知らない人はいません。佐賀県という都市の中で、10名以上のスタッフをかかえる公門税理士は、いかにして地元ナンバーワンとなったのか?地方都市特有の同業者との競争に打ち勝つ方法と考え方を初公開していただきます。
地方都市でコンサルタントになる方法とは?
地方都市に行けば行くほど「コンサルティング」でお金をもらうことは難しくなります。情報にお金を払う習慣がないのです。このような状況で、公門税理士は、コンサルタントとして活動しています。コンサルタント活動が難しい地方都市で、どのようにコンサルティング報酬を取っていくのか、公門税理士の体験談を解説していただきます。
経営勉強会、高額講座を地方都市で仕掛け、成功する方法
1名数千円のセミナーでも難しいと言われる地方都市でのセミナー開催。そんな中、公門税理士は5万円以上の高額講座を開催。1回のセミナーで50万円以上の収益を上げることに何度も成功しています。「お金が取れない地方都市」でいったいどのように戦略を考え、実践すれば高額セミナーを実施することができるのか?その体験談を元に、あなたも地方都市で高額講座を仕掛けられるような解説をしていただきます。

士業事務所の売上を6倍にする 経営力徹底向上セミナー

リニューアルとなった7回目は、なんと歴代成功発表会によるパネルディスカッションが実現!ネットで1000万円稼ぐ方法、アナログで2000万円稼ぐ方法、セミナー集客、紹介営業など徹底的に「営業」について成果を出す方法をディスカッションします!ファシリテーターはもちろん横須賀輝尚。過去の成功事例を徹底的に分析、そして最新の成功発表者講師から引き出します!


ゲスト 講師紹介

池田
ニュージーランド不動産節税アドバイザー 池田 和弘氏

【プロフィール】

関西大学 工学部 電子工学科出身。
大学時代に学生起業し、家庭教師会社を経営。取締役就任。近畿圏を中心に毎月約500名の生徒に家庭教師を派遣。
その後、社会人経験を得る為に3年間、株式会社リクルートに就職。アントレ事業部にて、合計200社以上のFC・代理店本部企業と携わり、様々なビジネスモデルを学ぶ。新人賞、全国MVP・準MVP、西日本通期MVP2年連続、関西支社月間MVPなどの多数の賞を受賞。2006年に、有限会社グロウメイツを設立、代表取締役就任。FC・代理店本部企業向けのコンサルティングおよび加盟開発代行事業を行なう。その他、移動販売・催事事業や物販店の経営、FX運用会社の取締役等を務め、数々のビジネスモデルに携わる。
2010年に、SRD株式会社を設立、代表取締役就任し、シンガポールのグループ会社と共に国際会計コンサルティングおよび資産保全コンサルティング事業を展開。2012年にGDS株式会社と合併し、TERRY's WAY株式会社の代表取締役副社長に就任。現在は、国際会計および資産保全コンサルティングに加え、ニュージーランドを中心に海外不動産を活用した総合的な資産運用・保全をトータルコンサルティングする。


【セミナー内容】
国内の税理士が誰も知らない海外節税アドバイザーになる方法
今回、ニュージーランド不動産の取り扱いをしているGooproperty社の池田氏に、ニュージーランド不動産と海外の節税商品について、少しだけ解説をいただく時間をいただきました。日本国内では、もうほとんど節税商品はないと言われています。その中で、どのように情報を手に入れれば、「他の税理士・士業と差別化した提案ができるのか」ここに絞ってお話いただきます。この考え方を知れば、あなたも国内にいながら、海外の情報を手に入れ、他事務所と差別化することができるのです。

馬塲亮治
鹿児島発の最強地方都市社労士 馬塲 亮治

【プロフィール】

1978年生まれ。鹿児島在住。
グローバルコンテンツジャパン社労士事務所
馬塲行政書士事務所 代表
合同会社ランブリッジ 代表

高校卒業後、「マラソンをやるために」某電力会社に就職。実業団駅伝で完全燃焼しながら、2年で通信制の短期大学を卒業。長距離マラソンの引退と共に電力会社を退職。声をかけてもらっていた警察OBにあこがれ、警察官になる。 警察官として勤務する中で、生活保護も障害年金も受給できず万引きを繰り返す障がい者に遭遇し、社会保障制度の実態を知る。この体験によって「争いの”解決”だけではなく”予防”までをする仕事がしたい」という想いが芽生え、社会保障制度に精通する社労士・ 行政書士になることを決意する。決意を元に大学へ編入し社会保険労務士と行政書士の資格を取得。 合格後すぐ、社労士事務所の給与水準の低さを知り、 独立を決意。独立の為に、24歳から27歳までは資格で起業するためのマーケティングの勉強に専念する。勉強を終えて司法書士法人で一年半勤務し、 実務のスキルを習得して独立開業。 順調に顧問先を増やし続け、開業後1年で顧問先100社超、2年でスタッフ数20名程度の組織を創り上げる。 組織形成後、士業は「難しいことを誰でもできるようにする」のではなく、「他の誰もできない技術を高め続ける」べきであると考え、平成26年に事業譲渡を行い、コンサルティング業務に専念できる環境を整備。 現在は士業としての社会的使命を果たすべく、全国各地のお客様に対して法務コンサルティングを行う傍ら、大連の企業とのBPOも開始し、本格的な海外展開もスタートしている。

【セミナー内容】
横須賀輝尚×馬塲亮治 大質問大会
横須賀輝尚と馬塲亮治があなたのご質問に直接回答!この部分の生放送はありません。2015年、彗星のごとく現れた地方都市最強の士業系コンサルタント馬塲亮治。横須賀輝尚とユニットを組み、様々な仕掛けをしていくプロセスなどももちろんご質問受け付けています。横須賀輝尚が「最強」と認めた馬塲亮治と会えるチャンス!この機会をお見逃しなく!



主催者

横須賀てるひさ
横須賀 輝尚(行政書士・東京都)

【プロフィール】
株式会社パワーコンテンツジャパン代表
行政書士横須賀事務所代表

行政書士。1979年、埼玉県生まれ。専修大学法学部卒。
在学中に行政書士資格に合格。2003年、23歳で行政書士横須賀事務所を設立し独立。
様々な行政書士業務を習得し、その中でも会社設立手続きのスペシャリストとなる。

2005年、有限会社パワーコンテンツジャパンを設立し代表に就任。セミナー事業、コンサルティング事業を本格的に始動。同年『小さな会社の逆転戦略 最強ブログ営業術』を技術評論社より処女出版。2万部を超えるベストセラーになる。

2006年、『「株式会社」はじめての設立&かんたん登記 新会社法対応<改訂新版>』を技術評論社から上梓。改訂増補版合わせて2万部を超え、実務書では異例の売上を記録。同年、『資格起業家になる!成功する「超高収益ビジネスモデル」のつくり方』を日本実業出版社より出版。発売直後に増刷され、資格ビジネスの新しい形として評価される。

2007年資格者向けのビジネススクール「経営天才塾」を開校。多くの成功者を輩出する。同年、会社を株式会社に商号変更。2008年、資本金を300万円に増資。現在はコンサルタント業、講演業、執筆業を中心に小さくて強いコンサルティング会社をつくり、「資格業界を人気業界にする」夢を叶えるべく、日々奔走中。

主な著書に、上記掲載のほか『ごく普通の人でも資格を取ってきちんと稼げる本』(インデックス・コミュニケーションズ)、『ネット商売の法律知識』(中経出版)、『そのまま使えるビジネス文書文例集』(かんき出版)など10冊以上。

マスコミ掲載に『THE21』(PHP)、『BIG tomorrow』(青春出版社)、『アントレ』(リクルート)、『財部ビジネス研究所』(日本テレビ)などがある。

無類のゲーム・漫画好き。オフィスには横須賀の趣味であるゲーム機、漫画などが見受けられる。ブログの口癖は「感謝しかない!」


【セミナー内容】
横須賀輝尚の「ニコニコ生放送」大質問大会
横須賀輝尚があなたのご質問に生放送でお答えします。もちろん会場に来たみなさまが最優先!直接あなたのご質問にお答えします。ほかの方のご質問を聞くことでも勉強になりますし、2016年に向けて何か疑問があることは、この大質問大会で解消してください。この部分だけでは、ニコニコ生放送で一般公開しますので、どんな質問が出るか?何が起きるかわかりません。ぜひご期待ください。
セミナーの内容は変更することがございます。予めご了承ください。




このセミナーで得られるメリット

  • 資格をつかったビジネスモデルをつくる戦略がわかります。結果あなたが間違った戦略を立て、失敗してしまうことを防ぎます。
  • 事例から学ぶことによって、自分だけの最適な資格起業家スタイルがわかり、資格業に依存しすぎないバランスのいい経営者を目指すことができます。
  • 資格業として稼ぐための基本的な方法がわかり、業務の獲得方法がわかります。
  • インターネットを活用した集客方法がわかり、効果的な集客ができるようになります。
  • 他人に依存しないで稼げるようになる本当の「起業家」としてのマインドが身に付き、自分で良い判断ができるようになります。
  • 起業についての不安が軽減されます(※リスク保証するものではありません)


2014のセミナー参加者喜びの声

渡邉税理士事務所 渡邉 伸匡様より

第1部講師 山根陽介氏
不利な地域と前評判のエリアでも、売れる売れないはやり方次第でどうにでもなると思えました。人脈・関係性維持の大切さも大変参考になりました。
第2部講師 土橋 和真氏
単なる集客ノウハウの紹介だけでなく、その効果を分析結果とともにお伝えいただいた点がGOODでした。自分でやってみた場合のイメージがとてもやり易かったです。残りの音声もよろしければお願いします。
第3部講師 若林 忠旨氏
営業の変遷を時系列でご説明いただいて、自分の場合に照らし合わした時のイメージがし易かったです。
特別パネルディスカッション
HPやDM等、外観を見るだけでは判らない"その営業方法の意図"をご本人からご説明頂き、非常に参考になりました。やはり、受け入れられる人はキャラが立っているなあとも感じました。土本さんのマイクの角度とか、マスクマンとか。
第部4講師 横須賀 輝尚
"未来予想"、日々の業務に追われると無意識に先送りがちにしてしまいます。意識する機会をいただけて良かったです。

株式会社鈴正コンサルタンツ 櫛渕 豪様より

第1部講師 山根陽介氏
WEBの使い方が集客ではなく、アナログであった人との関係性を深めるツールとしてというのが新鮮でした。
第2部講師 土橋 和真氏
「成功率・質のカイゼン」「お客様の声」参考になりました。「賑わい感」を出せるよう明日から工夫します。
第3部講師 若林 忠旨氏
「捨てるのはプライドではなく、自分の思い込みと常識」という言葉がささりました。
特別パネルディスカッション
パネリストみなさんの意見を参考に自分に会った方向性を見つけたいと思います。
第部4講師 横須賀 輝尚
自分がどの方向でコンサルタントになれるか?今夜から考えます。海外へも視野を広げたいと思います。

神谷総合事務所 神谷 佳希様より

第1部講師 山根陽介氏
30分という短い時間で非常に簡潔にまとめられていて、理解しやすいものでした。同じ地方都市で開業しているものとして共感できる部分も多く、大変参考になりまた。
第2部講師 土橋 和真氏
素直に頭に入ってくる内容で、やや早口に感じましたが、聞きやすかったです。自分や今やるべきことが良き分かりました。参考にさせていただきます。伊那、たくさんパクらせていただきたいと思います。
第3部講師 若林 忠旨氏
明確な目標をもつこと、事前準備をしっかり行って営業に望むこと、自分に欠けていることやなすべきことがよく分かりました。臆することなくいろいろなことに挑戦していきたいと思います。
特別パネルディスカッション
楽しい時間を有難うございました。貴重なお話が聞けてよかったです。今後もこのような機会があれば参加してみたいです。
第部4講師 横須賀 輝尚
いつも考えさせていくれる機会を提供していただき、ありがとうございます。ただ、いつまでも考えているばかりではなく、一歩を踏み出さなければいけないなと思いました。今後ともよろしくお願いします。

松川税理士・公認会計士事務所様より

第1部講師 山根陽介氏
営業強化のエッセンスがコンパクトにまとまっていて、分かりやすかったです。採り入れて実行しやすいノウハウだなと思いました。山根先生ありがとうございました。
第2部講師 土橋 和真氏
静かな語り口ながら熱い想いがじわーっ都伝わってきました。お客様の声の重要性や効果がよくわかりました。土橋先生ありがとうございました。
第3部講師 若林 忠旨氏
自分のお金やエネルギーの掛け方を見直す気づきをいただきました。自己投資に偏在していましたので、営業に比重を移すべきとわかりました。
特別パネルディスカッション
本当に本当に貴重な実例をたくさん聞けました。皆様ありがとうございました。
第部4講師 横須賀 輝尚
"横須賀さんいつもありがとうございます。今回も濃くコンパクトな売れる士業の秘けつをいただきました。あとは実践あるのみ。改めて感謝申し上げます。

行政書士差の事務所 佐野 潤様より

第1部講師 山根陽介氏
妻の実家である知人のほとんどいない市で改行したため、アナログ営業の人と違う絶対数というのは、自分自身必要だと思い、10月の開業以来月に100人乗人と会うことは一つ目安にしています。Facebookのリクエストまではできていますが、もう一歩踏み込んだ関係性をつくるための方法を考えます。
第2部講師 土橋 和真氏
お客様の声の見せ方、参考になりました。又、項目毎に分数するというのは、お客様の声以外でも主催している読者会の報告でも活用させていただきます。
第3部講師 若林 忠旨氏
現状WEB、SNS、飛び込みetc色々試しています。思うような結果は出ていませんが、校正をして準備をしてそして何より自分を信じて動き続けます。
特別パネルディスカッション
パネリストの先生方皆様それぞれのやり方、思いを伺うことが出来、盛りだくさんのないようでした。又、質問(疑問に思っていたこと)にお答えいただきすっきりしました。ありがとうございます。しっかりと真似させて頂きます。
第部4講師 横須賀 輝尚
行政書士を目指したキッカケは何だったのか、改めて思い出しました。コンサルの方向、今考え中です。自分が今やっていることは、全て自分が売りに出来るソースだと思っています。何が出来るか何をしたいか、誰のためになりたいか、形を作り、人間を作り、自分を能力を高めていきます。
過去のセミナー参加者喜びの声はこちら




成功発表会2015 詳細



日時
2015年12月12日(土) 13:20〜18:00(開場時間13:00)
 
13:00 開場
13:20〜13:30 基調講演:横須賀輝尚
13:30〜14:00 成功事例発表 岸尾様(弁理士・行政書士)
14:00〜14:30 成功事例発表 吉田匡様(税理士)
14:30〜15:00 成功事例発表 公門様(税理士)
15:00〜15:20  休憩
15:20〜15:35  ゲスト講演
ニュージーランド不動産節税アドバイザー池田氏
15:35〜16:35 横須賀輝尚 ニコニコ生放送
16:45〜17:30 特別講演:横須賀輝尚×馬塲亮治


場所
 
シダックスカルチャーホール アクセス

 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-12-10シダックス カルチャービレッジ

受講料
12,000 →6,000円(税抜き)リニューアル特別価格!!
  ※参加費に昼食代は含まれません
講師





パワーコンテンツジャパン株式会社
代表取締役 横須賀 輝尚
岸尾 正博氏(弁理士・行政書士)
吉田 匡氏(税理士)
公門 章弘氏(税理士)
ニュージーランド不動産節税アドバイザー 池田 和弘氏
馬塲 亮治氏(社労士)
定員
127





もしかしたら、またこのようなセミナーを企画して、「横須賀は儲けばかり考えている」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

私自身も会社を経営し、スタッフもいますので慈善事業だけをするわけにもいきませんので、ビジネスは成立させなければなりません。ただ、そこまで莫大な利益を求めるものではありませんし、最終的な目標は「資格業界を人気業界にする」ことです。そしてこれは先ほどもお話ししたとおり、恩返しでもあります。

ですから、このセミナーの経費を除いた収益金は、すべて寄付します。

私は1円も受け取りません。これまで実施したセミナーの収益金は全て緑の募金に寄付してきました。

なぜ緑の募金なのかというと、私たち士業は、他のビジネスに比べて「紙」をよく使う仕事で、つまり、多くの資源を使用しています。紙がなければ仕事が成立しません。ですから、少しでも還元していく責務があると思うのです。

士業に限ったことではないですが、ビジネスはひとりでは成立しません。お客様がいて、パートナーがいて、そして環境があってこそ成立します。ですから、消費するだけなく、きちんと還元しなければならないと思うのです。

2010年までは緑の募金に寄付してきましたが、2011年、東日本・・・そこで、2011年のセミナーから、東日本大震災の義援金にあててきました。本年もセミナー収益金は、経費を除き、寄付させていただきます




1日でこれだけ多くの現役士業の話を伺える機会は、おそらくそう多くないと思います。もしあなたが事務所の売り上げを伸ばしたいという強い決意があるのであれば、この機会は絶対に見逃さないでください。









| トップ | 特定商取引法の表記 |


Copyright YokosukaTeruhisa & power contents japan inc. All Rights Reserved.