成功事例取材

行政書士で業務を獲得し続ける方法(加藤健二氏)

—- いつ資格・独立起業という分野に興味を持ったのですか?

新卒で入社した会社は肉食系企業、次いで転職した会社は草食系企業でした。前者では、ハードワークに嫌気がさしてしまいました。後者では、年功序列・終身雇用・一定賃金の体質の中で営業成績があがり、天狗になって営業所の上司と営業方針で言い争いを重ねてしまい辞めてしまいました。

振り返ってみれば、昔から組織内で行動するのに適さない人間だとうすうす感じてはいましたが、それが続けての退職につながったのでしょう。加えて、営業成績が給料に反映されない会社のシステムに不満があり、「どうせ仕事をするのなら、一国一城の主になろう」と考えるようになりました。

独占業務のある資格関連業で起業して、自分の営業力を活かせば不満点が満たされるのではないだろうかとの考えに至ります。その中で、比較的合格率が高く、業務範囲の広い行政書士を目指しました。

—- 開業した経緯を教えてください。

資格取得を決めてから、合格=開業と考えていました。ですので、合格を確信した後、すぐに開業準備にとりかかります。既に退職してフリーター状態だったので、開業せざるを得ない状況でしたともいえます。最初は自宅で開業しました。

—- 天才塾を知ったきっかけは?

「種まき」と称して交流会・勉強会に精力的に参加していましたが、それらは仕事に繋がりません。そうこうしている内に貯金と借入れを合わせた200万円を一年を経たずに使い切ってしまいます。そんな中、大阪でのセミナーで横須賀先生の講義に触れる機会があり感銘を受けました。『若いのにしっかりしているな~』と(笑)
横須賀先生に興味を持ち始めると、自然と天才塾の案内ホームページが目に飛び込んできました。

—- なぜ天才塾に入会しようと思ったのですか?

自分が一目置いていた士業の先輩が実は天才塾の会員だったというのが一番の理由です。しかも3人もいました。この人たちが良いと言うなら間違いないだとうと考えました。
まぁ、返金保証があるのが大きかったですね。「俺はアカンかったらホンマに返金請求するぞ」と考えながら申込みました。

—- 天才塾のサービスを他社のサービスと比べましたか?

比べようが無いというか、比べるという概念がありませんでした。

—- 天才塾に入会していかがでしたか?

サービスに非常に満足しています。新しいビジネスのアイデアが浮かんだとき、事務所経営において分岐点に立ったときは、いつも横須賀先生に相談しています。横須賀先生には、いつも素早く正確なアドバイスをいただけるので、本当に感謝しています。また、横須賀先生から「先月相談頂いた計画は進んでいますか?」と突っ込みが入りますので気を抜けません。結果的に私の重い腰を叩いてもらえるので助かっています(笑)

毎月のセミナーには遠方の為なかなか参加できないのですが、音声ファイルのダウンロードサービスを活用して、いつも移動中にセミナーを聞いています。
それに塾生限定SNSも楽しいです。他の塾生の方の裏話が参考になることが多いですし、SNSで交流していると実際お会いした時には、すでに何年も友達だったように仲良くなれて嬉しく感じています。

—- 天才塾の良い点を3つ挙げて下さい。

カリキュラムの膨大なボリュームと、「もう、本当にそこまでやるか」ってくらい細かく説明をしている丁寧さ。
横須賀先生のアドバイスの的確さと素早さ。過去に相談した内容に就いても覚えてられるので、相談する側としても手が抜けません。
意識の高い全国の士業メンバーと仲良くなれる。ただの士業の知り合いならたくさんいます。しかし、ここまで意識の高いメンバーが集まるところは無いのでは?

—- 改善点やさらに望むことがありましたら、お聞かせください。

天才塾のカリキュラムはかなり完成されていると感じていますので、改善点は思い当たりません。

—- 天才塾に入会しない方が良いという方はどんな方だと思いますか?

自己投資という概念が無い方、受身体質の方は入会するべきではないと感じます。

—- 天才塾のサービス以外で、良かった点を教えてください。

天才塾のカリキュラムの先に見えるものがたくさんある点でしょうか。
天才塾の成功発表会に出るのも一つの目標でした。
まさか、昨年という早い段階で声が掛かるとは思ってもいませんでしたが…
サービスの内外を問わず、自分自身のモチベーションを上げさせてくれる仕組みを多岐にわたって取り入れている部分が素晴らしいです。

—- ご協力ありがとうございました。

関連記事

  1. 福井県で成功した社会保険労務士事務所(北出慎吾氏)

  2. 開業初年度に40社以上の顧問を獲得した税理士事務所(蔵田陽一氏)

  3. 地方都市で年間300回以上の研修を取った事例(野原暢郎氏)

  4. 開業初年度に月商100万円を超えた司法書士事務所(佐藤良基氏)

  5. 広島で開業初年度から1000万円を超えた税理士事務所(山根陽介氏)

  6. 成功するコンサルタントの活用方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP